真夏の晴れ渡る雨飾山(長野県小谷村から)


B型人間の山歩き  

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2018年7月15日、長野県小谷村の登山口から雨飾山(あまかざりやま:1963.3m)に行ってきました。日本百名山の一つです。

コースタイム (休憩込み): 雨飾山登山口駐車場(2時間55分)雨飾山山頂(2時間20分)駐車場



雨飾山登山口駐車場の地図です。




朝7時に雨飾山登山口に到着。駐車場はいっぱいと見えて、手前に車が路駐しているので私も隙間を見つけて停めることに。
ama0001.jpg 


ちょっと歩くと駐車場でした。さすがの百名山、トイレも完備。本日は雲一つない快晴です。いい景色に期待が膨らみます。
ama0003.jpg 


雨飾高原キャンプ場の脇が登山口です。写真右の小屋がトイレ。
ama0004.jpg 


それでは行きましょう~ 雨飾山頂まで210分とあります。
ama0005.jpg 


しばらく平らな樹林帯歩き。


オニシモツケ
ama0006.jpg 


エビラフジ
ama0007.jpg 


「1/11」 の看板。400mというのは登山口からの距離みたい。
ama0008.jpg 


セリ科の植物です。セリ科の花の同定をやってると気が狂いそうになる。これはオオハナウドでした。
ama0009.jpg 


ショウキラン。ちょっと痛んでます。葉緑体を持たず菌類に寄生する腐生植物。ギンリョウソウなんかと同類。
ama0010.jpg 


2/11から本格的な登りになります。荒菅沢まで90分とありますが、私は1時間でした。
ama0011.jpg 


ブナの大木が現れる。
1ama0002.jpg 


気持ちのいいブナ林。
ama0015.jpg 


急登が続く。
ama0016.jpg 



可憐なツルアリドオシ
ama0018.jpg 


登る登る。汗が顔を伝う; ハンカチでフキフキしながら歩きます。
ama0020.jpg 


ブナ平の前で2ヶ所、山椒の香りが漂うところがありました。他の登山者の方も「あっ! 山椒の匂いだ!」と言ってたので間違いありません。山の中で初めての体験でした。


「ブナ平」にて休憩です。水分補給ね。
1ama0006.jpg 



5/11 もう半分弱来た。結構余裕(しかし山は甘くはない)
ama0021.jpg 


見晴らしのよいポイントに出ました。
ama0022.jpg 


うおー! カッコ良くとんがった岩山が現れました。このあたりの岩壁が「布団菱」と呼ばれるみたい。左側の鋭鋒がかっちょいい。
ama0030 (1) 


そして樹林帯を下り始めてしばらく行くと、
ama0031.jpg (モミジカラマツ)



荒菅沢に出ました。
ama0032.jpg 





まだこれだけ残雪があります。
ama0033.jpg 



荒菅沢を渡って、
ama0037.jpg 


対岸から上部を眺める。
ama0039.jpg 


また樹林帯に入り登って行きます。


登山道からとんがった岩山を眺める。これは雨飾山の山頂ではありません。
ama0040 (1) 


ニガナの仲間。種類が多くてわからないッス
ama0044.jpg 


イワオトギリ
ama0045.jpg 


樹林帯を抜けました。背後に見える三ツ頭の山は、日本百名山高妻山。
ama0046.jpg 


シモツケソウ
ama0047.jpg 


見晴らしも良くなってきました。
ama0050.jpg 


真夏の太陽を浴びて歩く。なかなか辛い;
ama0051.jpg 


シモツケソウとハクサンオミナエシ
ama0052.jpg 


クガイソウ
ama0053.jpg 


笹平手前の長い急坂。カンカン照りで暑くて、ここが一番キツかった。
ama0055.jpg 



チョウジギク
ama0056.jpg 


ミヤマママコナ
ama0058.jpg 


続々と下りてくる人が。やっぱり夏山は朝早いのが吉。
ama0060.jpg 


イブキジャコウソウ
ama0061_201807160932200eb.jpg 


おお~、タカネナデシコ。あまり見ない花だけど、今回は結構見ました。
ama0063.jpg  


コメツツジ
ama0066.jpg 


ホントに暑くて急登でキツイ;
ama0067.jpg 


9/11 もうちょっとで笹平
ama0068.jpg 



オニアザミ
ama0073.jpg 


今年も会えましたハクサンフウロ@ピンボケ
ama0074.jpg 


タテヤマウツボグサ
ama0075.jpg 




ようやく急登が終わり、笹平の平原に出ました。
ama0194.jpg 


笹平の向こうに雨飾山の山頂が姿を現しました。
ama0196.jpg 


オオバギボウシに留まるトンボ。
ama0079.jpg 


ミヤマシシウドが大きく伸びる。
ama0080.jpg 


ウラジロヨウラク
ama0082.jpg 


鋸岳~鬼ヶ面山~駒ヶ岳の海谷山塊と、姫川の河口が見えます。奥に広がる日本海の水平線。
ama0083.jpg 


笹平はお花畑。
ama0086.jpg 


ハクサンフウロのパラダイス。あんまり群生は見ない。
ama0087.jpg 


いやもうね、これもんの花の乱舞。なんという贅沢。
ama0089.jpg 


青い空に黄色が映えるマルバダケブキ。
ama0091.jpg 


大展望の草原歩き。急登の苦労が報われる。
ama0093.jpg 


10/11 4000m歩いて来ました。もうちょっと。
ama0098.jpg 


ama0101.jpg 


マルバダケブキの後ろに最後の急登を登る登山者の姿が。
ama0107.jpg 


ヤマハハコ
ama0108.jpg 


布団菱を眼下に眺める。
ama0111.jpg 


山頂直下の最後の急登。
ama0112.jpg 


雨飾山の最後はこんな急斜面。
ama0113.jpg 



うお~~!? なんだこのヘンな花? 初めてみたぞ。
ama0116.jpg 

ama0117.jpg 

シロバナグンナイフウロでした。薄紫のタカネグンナイフウロもあったけど写真撮れなかった。知らない花を見つけると、宝物を発見したようで嬉しいです。これも山歩きの楽しみの一つ。


イワオウギ
ama0118_20180716093107bac.jpg 


今シーズン使っているミレーのグローブ。薄手で涼しくスマホ操作も快適。手のひら側は突起があって滑りません。よくできたグローブだと思います
ama0193.jpg 
上記ミレーのグローブアマゾン 楽天




山頂間近。小さな子供連れのグループ。この日出会った中での最年少は年長の男の子でした。
ama0122.jpg 


あの高いところが雨飾山山頂。
ama0124.jpg 


到着です。雨雲のない、雨に飾られない雨飾山です。
ama0146 (1) 


山頂の花もいろいろ。一部。

ミヤマシャジン
ama0138.jpg 


イワシモツケ
ama0132.jpg 


ミヤマクルマバナ
ama0178.jpg 


山頂からの眺め。


奥に見ゆるは北アルプス白馬岳の稜線。白馬岳は去年登りました(こちら
1ama0013.jpg 


雨飾山はプチ双耳峰。もう一つのピークを眺める。
1ama0014.jpg 


ama0145.jpg 


北アルプスとの間の大空間を、涼やかな風が吹き上げてきます。
1ama0015.jpg 


白馬岳です。
ama0183.jpg



笹平と、右奥は手前が焼山で後ろが火打山。
1ama0012.jpg 


山頂から高妻山拡大図。
ama0158.jpg 


雨飾山山頂と高妻山。
ama0182.jpg 


雨飾山山頂と焼山、火打山。
ama0184.jpg 

 さーて、ランチにしますか。今日もまたうどんね。


雨飾山の山名の由来は、昔雨乞いをした祭壇とかがあったことによるらしいけど、そんな雨にちなんで今日は雨飾りうどんです。


1ama0010.jpg (雨♪ 雨♪ フレフレ 雨飾り~☔)


山で食べるうどんがウマくてクセになってしまった。

豚バラとエノキとネギをたっぷり入れたうどんです。暑いんだけどやっぱうまいんだよな~



事前の調査で最近の山行ブログを見ていたら、7月の初めは山頂の虫がひどかったってんで今日は虫よけグッズを持って来たんだけど、虫なんて全然いないんでやんの。
ama0198.jpg (使う必要のなかった「どこでもベープ」 アマゾン 楽天


山の上にトンボがいると、うるさい虫を食べてくれるのか、小虫みたいなのはいなくなりますね。この日も山頂はトンボが飛んでました。


下山も暑い。飲み物は多めに持って来たけどみんなぬるくなっちゃった。テルモス(山専用ボトル)に氷を詰めて来ればよかった。失敗した。
ama0191.jpg 


暑さのせいでもうバテバテ; 荒菅沢でたくさんの人が休んでます。冷水で頭、顔、首筋を洗って冷やす。チョー気持ちいい♪
ama0199.jpg 



そして駐車場に戻って来ました。
ama0203.jpg 


暑さのせいか、下りの途中からバテバテになりました。登り3時間くらいの山でこんなに下山で疲れるのはあまり覚えがありません。夏山に行くならできるだけ標高の高いところ、そして朝の早いうちに歩くのがいいですね。


それでは本日まとめの一句:


夏登山 テルモス氷 忘れるな




B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2640. 「海の日」三連休に、夏山登山(・_・;

確か「山の日」は8月の祝日で、海の日っての
が7月に出来た新祝日でしたっけ(大汗)

山のトンボ…アキアカネ(赤トンボ)は稲刈り頃は里で乱舞してるけども夏場は山の上で過ごし
ていて秋になると里へ降りてくる、と聞いた事
がありましたっけ。
P.S.
今年の夏カゼは、ノドに来るようで…治ったと
思ったら就寝時の冷房で、また振り返してます
(・_・;
  • 2018-07-18 09:45
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2641. Re: 「海の日」三連休に、夏山登山(・_・;

ひろかずさんこんばんは~

夏から秋にかけては山頂でトンボの大群に会うこともしばしばです。トンボがいるとウザイ虫がいなくていいですね。

暑さ続いておりますが、私は寝るときには冷房切って窓を開けております。最近はそれでちょうどいい感じであります。
  • 2018-07-18 18:59
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/999-32432ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

カットゾーン フルール  三条市の山歩き好き店長  のいる美容院

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。