みつまたスキー場で和田小屋まで歩いてスノーシューで遊ぶ

B型人間の山歩き




登山の服装・持ち物チェックリスト 


2018年2月10日、新潟県湯沢町にあるかぐら・みつまたスキー場で、ロープウェイ終点から和田小屋まで往復で歩いてきました。

コースタイム(休憩込み) :みつまたロープウェー山頂駅(ゆっくり2時間20分)和田小屋(1時間30分)みつまたロープウェー山頂駅



当日の歩いたルートのポイントです。


このところの大雪で、雪に慣れてるはずの新潟ですら交通網がマヒしちゃうくらいでありました。


んで、さすがにこれだけ大雪が降った直後の山となると、なかなか行くところは限られます。


そんな中でも、スキー場ならば、整備もされてて安心♪ なのではないか。


てなことで、前から歩いてみたかった、かぐら・みつまたスキー場の和田小屋まで歩いてきました。


まずはみつまたロープウェーのチケット売り場へ。ロープウェーは往復1100円のようだ。


そしてロープウェーの往復を1枚下さいと言うと、


「山の上でお食事はされますか? お食事をされるのなら、1300円の昼食券付きでロープウェー代込み1500円のプランがありますが」


と、オネイさんが素敵な提案をしてくれるではないか。



「マジで? 絶対それで。」



と、鼻息荒く言い放つ。


みつまたロープウェーに乗って、やって来ました、みつまたスキー場のゲレンデです。
wada182100002.jpg 

次々到着するロープウェイ。
wada182100006.jpg 

スノーシューを持って来ました。楽しめそうなところがあれば歩いてみるつもりです。
wada182100007.jpg 




wada182100005.jpg 


スパッツ:アウトドアリサーチ クロコダイルゲイター


朝の整地されたバーンを、青空に向かって歩いて行きます。
wada182100009.jpg 


wada182100011.jpg  

振り返ると巻機山が大きい。去年はあの裏側から山頂1泊で登りました(こちら
wada182100014.jpg 

朝の、きれいに整地されたままのところ。ずっと見てると目がチカチカする。
wada182100015.jpg
(あなたはだんだん目がチカチカしてくる・・・)


いいねえ、美しい。ゆっくり景色を堪能しながら歩きます。
wada182100018.jpg 


奥に見えるスキー場は、岩原スキー場。スキー場の左端の頂点の山が飯士山
wada182100020.jpg 

みつまた第一高速リフトの降り場に近づいて来ました。
wada182100021.jpg 

山頂部の平らなゾーンをしばし歩くと、一旦下ります。前に続くコースを歩いて行きます。
wada182100023.jpg 


かぐらゴンドラの乗車駅まで来ました。
wada182100026.jpg 

かぐらゴンドラ駅をパスして、ゴンドラの下を歩いて行きます。
wada182100029.jpg 


ここも整地されています。朝イチのねぇ、きれいなバーンにシュプールを描くのがキモチいいんですよねぇ。
wada182100030.jpg 


滑って来る人たち。スキー場を歩く変わり者1人。
wada182100032.jpg 

wada182100035.jpg 

写真に写っているのは兄弟のよう。すると、手前の弟が、
wada182100037.jpg 


「あの人、登山者なの?」


と、兄に問いかけている。2人はお父さんを追いかけて滑って行った。


そう、私は登山者。スキー場を歩いて登る変わり者。昔はさんざん滑りましたけどね。


wada182100040.jpg 

1時間ちょっと歩いたので休憩ね。今日はいつも使ってるデジカメを忘れちゃって、スマホで撮ってるんだけどやはり煩わしい。
wada182100047.jpg 


また歩く。きれいな雪景色。山歩きの楽しさは、進むごとに景色がゆっくりと変わりゆくこと。当たり前だけどこれが飽きない理由の一つ。
wada182100051.jpg 


急斜面が見えて来ました。
wada182100053.jpg 


急斜面を登る。坂が急になったらゆっくり歩けば問題ありません。
wada182100058a.jpg


スキー場を歩く登山者。他にはそんな人はいませんでした。
wada182100056.jpg 


wada182100057.jpg 


急斜面を登りきると、先ほどの兄弟がまた滑って来た。弟が兄に向って、


「さっき登ってた人だよ」


と話している。弟は好奇心旺盛でおしゃべりなようだ。


レストランシュプール:かぐらラーメンコーナーの前を通り過ぎます。ここはいつも混まなくて穴場的なところ。
wada182100060.jpg 

さあもう少し。
wada182100059.jpg 

雲が多くなる時間帯もあったけど、概ね良い天気。
wada182100064.jpg 


ゴンドラが行き交う平和なスキー場。
wada182100069.jpg 


このあたりで、スキーの女性に、


「山登りですか?」


と訊かれました。歩くのが好きなのでと答えると、


「すごいですね。下りはリフトですか?」


と。下りも歩きですよ。


ゴンドラ終点です。
wada182100072.jpg 

かぐらエリアに来ました。
wada182100074.jpg 

和田小屋です。ゆっくり歩いて2時間20分でした。
wada182100075.jpg 





青空をバックに立つウッディな和田小屋。いいね! 和田小屋に来るのは3年ぶり(前回はスキーで来ました
wada182100077.jpg 

小屋の中は満員御礼。そして、外人の多さに驚く。中国人が目立つが白人系もちらほら。


さて、1300円のお食事券で、何食おっかな~
wada182100079.jpg 


1階は満員でしたが、靴を脱いで上がる2階は空いてました。
wada182100081.jpg 


吹き抜けから。賑やかな1階。
wada182100082.jpg 


今日のランチは牛丼にしました。温泉たまごとキムチがうれしい。残念ながらノンアルがないとのことでコーラを。
wada182100083.jpg 

温たま崩して牛丼いただきまーす。山ではやっぱり肉が食いたくなる。
wada182100085.jpg 


食後、人も少ない座敷なのでちょっと寝っ転がる。ええ気持ちやわ~


ゆっくり休んで外へ。

wada182100090.jpg 

いつかはかぐらの最上部のリフトから先のBCエリアに登ってみたいのですが、そこは遭難の多発する有名エリア。それにビーコンやらプローブやらGPSといった装備がないと立ち入れないとのことだし、そもそも私には冬山に一緒に行く山友がいません。行けるのはまだ先になりそう。


wada182100093.jpg 


そして身支度を整えていると、



「写真ヲ撮ッテモラエマスカ」



と、白人の若い女性にスマホを渡された。はいはい喜んで♪


そのグループは男性2人、女性2人の4人組だった。


写真を撮ってあげてから、スマホの女性にどこから来たのか訊いてみた。すると、



「べラルーシ」



「・・・ベラルーシ!?」



思いがけない答えに驚く。ベラルーシ人て、初めて会った。


すると、インド系の顔立ちの男性は、



「モーリシャス」



だと言うではないか。モーリシャスですぜ、旦那。どこにあるかわかります? マダガスカルの東に浮かぶインド洋の島国ですぜ。よくまあそんなところから。モーリシャス人に会うのももちろん初めて。


あとはカナダ人の男性と、オーストラリア人の女性だった。東京から来た、会社の同僚だという。ようこそ新潟へ。
wada182100095.jpg (インターナショナル4人組)



「楽しんでね~♪」



と手を振り愛想をふりまくと、「ハーイ♪」と喜んでもらえた。ひとときの楽しい国際交流でした。


歩いて下って行く私の脇を、4人が「ハ~~イ!」と言いながらスノボで滑って行った。
wada182100098.jpg 


歩いていると、男性に


「苗場に行ってきましたか?」


と訊かれた。スノーシューを背負ってるし、そんな風に見えたのだろう。この真冬でも苗場の山頂までたどりつけるのだろうか。


さて、スノーシューで歩けそうなところがあるので、この辺からスノーシューで歩いてみます。
wada182100100.jpg 

wada182100104.jpg 


wada182100103.jpg 

wada182100102.jpg 


どこでも気にせず歩けちゃう。
wada182100106.jpg 


やや雪も締まっているのか、あまり沈まず歩きやすかったです。
wada182100114.jpg 


wada182100112.jpg 


wada182100110.jpg 


wada182100105.jpg 


誰も歩いたり滑ったりしていないパウダースノーの林の中を歩く。今の私には、これが楽しい。


そしてまたスキーのコースに出て歩く。
wada182100116.jpg 


wada182100119.jpg 


1ヶ所キツイ登り返し。よっぽどこのリフトに乗ろうと思ったけど、ここは我慢の子であった。
wada182100122.jpg 
(ハアハア;)


気持ち良さそうに滑るスキーヤー。
wada182100124.jpg 

もうちょっと。
wada182100127.jpg 

レストランスノーマンまで戻って来ました。ロープウェー乗り場はすぐそこです。下りは1時間半でした。
wada182100130.jpg 

 ずっと前から歩いてみたかったこの企画、ようやく実現できました。雪の多い時期でも安全に楽しめるスキー場の山歩き、また別のところも考えてみますかね。しかし、やっぱり変わりモンだよな~




B型人間の山歩き

新潟の、冬にストーブのある山小屋

冬の低山・里山歩きの服装・装備と注意事項


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

関連記事

コメント

2479. 平昌(ピョンちゃん)冬季五輪2018

先週の金曜、開会式TV中継あったけど韓国だと
日本との時差ナシ、でしたっけね
(日韓サッカーW杯は2002年でしたか)
ワタシが馴染みのあるアルペンスキーのSLとか
GS、なんて種目まだあるんだろか⁇
(ROSSIGNOLの板、見栄張って買いました^ ^)

食事付き1500円プラン…(1500-1200)÷2って
実質ロープウェイ片道 百円⁉︎ でしょか(大汗)
リフト一日券だと4〜5千円かかりますよね…

かぐらゲレンデ、斜度も急斜面でなく雪面歩き
にはナイスな選択ですな!
和田小屋さん、元来は苗場山方面への山小屋で
作られたけど冬場はゲレンデど真ん中、という
ロケーションになるんですよねー(笑)
  • 2018-02-12 16:44
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2480. Re: 平昌(ピョンちゃん)冬季五輪2018

ひろかずさんこんばんは~

オリンピック始まりましたね。新潟県人としてはやっぱり平野歩夢くんに期待したいところでありマス。

素敵な料金プランがあってよかったです。でも、この時期、このプランの利用者は少ないのかな~と。

スキー場歩きという新境地を開拓しましたが、なかなかいいもんです。山の上でちゃんとしたもんが食べられるのが何よりです(笑)あとはアルコールがOKならサイコーなんですが~
  • 2018-02-12 17:33
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2481. 東京五輪2020はスケートボード(新種目)で⁇

平野選手、現在は東京の某大学生だそうですが
中学校は村上市!なんだそうですねぇ(^.^)
*昨日は休憩時間に民放が生中継してて二回目
*の90点超え、見てました^ ^

金メダルを取った選手のAmericanJoke…と思い
きや、2年後の東京五輪ではホントに
「スケートボード」って新種目
あるんですね。。冬季・夏期を連続出場カナ⁉︎
  • 2018-02-15 10:21
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2482. 

こんばんは、B・Yさん!

新たなジャンル「スキー場歩き」…途中でボーダーに突っ込まれやしないかと、内心冷や冷やしていました(^^;
私も以前はスキーをしていましたが、今やすっかり山登りONLY。
スキー場はオフシーズンしか見ていませんでしたが、そうですね、雪が多い時…多すぎる時は、スキー場は安心して歩ける登山者の救いの場。
今後、B・Yさんはどのスキー場に出没するのでしょうね?(笑)

それにしても、今年の雪は多すぎじゃないですか?(^^;
  • 2018-02-15 21:40
  • URL
  • 編集

2483. Re: 東京五輪2020はスケートボード(新種目)で⁇

ひろかずさんこんばんは~

平野歩夢くんは、村上出身だそうですね。体は小さいけど、ストイックに新しい技に挑み続ける真面目さあっての2大会連続銀メダルとなったようですね。結果論ですが、4回転の2回連続はオリンピックまで伏せておいたらどうだったか、気になりますね。スノボの採点て、1人ごとに点数出すんじゃなくて、全員が滑り終わってからどの滑りが客観的に見てすごかったのか、最後に順位を発表するってのはどうなんですかね。まあそんなのは誰もが考えることなんでしょうけど。
  • 2018-02-15 22:05
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2484. Re: タイトルなし

悠さんこんばんは!

大丈夫です、だいたい端っこ歩いてますし、皆さん避けてくれますし。でも、(なんだろこの人?)みたいな視線を結構感じました。

昔はスキーされましたか、我々世代はそうですよね。悠さんも「私をスキーに連れてって」ド真ん中の世代ではありませんか?私など、学生時代のバイト代はほぼすべて雪山にばらまきました。アホでした。(今もアホですが) スキー場歩きは、きっとこれからの新時代のオトナの嗜みとして、注目されていくことでありましょう~~(そんなわきゃないか)

それから、今年はさすがの新潟も雪が多いですね。ラニーニャ現象のせいでしょうか。雪かきももう飽きました。明日の夜からはまたマイナス8度とかまで下がる予報です。なんですかね、これ?(笑)
  • 2018-02-15 22:18
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/962-d86d6c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

カットゾーン フルール  三条市の山歩き好き店長  のいる美容院

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。