魚沼の難関、荒沢岳に登る初秋の山旅


B型人間の山歩き  アマゾン 楽天

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2017年9月16日、魚沼市にある荒沢岳(あらさわだけ:1969m:200名山)に行ってきました。

コースタイム (休憩込み): 駐車場(3時間40分)荒沢岳山頂(3時間10分)駐車場



当日歩いたルートのポイントです。


3連休の初日です。

天気次第では1泊2日の山行も考えていました(というか、行くつもりでいた)が、台風も来るみたいだし(「あ~あ」という日本中のアウトドアファンのため息がホントに聞こえる)ということで、前から行ってみたかった魚沼市の荒沢岳に行くことにしました。


荒沢岳は平らな稜線上に鋭い山頂を見せる形の良い山で、周囲の山から見てもカッコイイ山です。

こちらは平ヶ岳から見た荒沢岳。一番高いところ。
20161016144914ed0s_20170917092232634.jpg 

こちらは越後駒ヶ岳から見た荒沢岳。どーですかこの、登行意欲をそそるカッコ良さ。
2004_1025etigokoma0057.jpg 



早朝の荒沢岳登山口の駐車場です。とってもきれいな公衆トイレがありました。
arasawa179160001.jpg 

6:13、それでは参りましょう~
arasawa179160002.jpg 

すぐにミゾソバが登場。
arasawa179160004.jpg 

ゲンノショウコの白花。
arasawa179160005.jpg 

カメバヒキオコシ
arasawa179160006.jpg 

オクモミジハグマ
arasawa179160007.jpg 


今日はサポートタイツの上に、更にヒザサポーターをしてきました。
arasawa179160012.jpg 

ダブルサポートの安心感です(なんと欲張りな)さてどうなりますか。

私が使っているヒザサポーターはザムストのこちらのもの。 楽天の同商品のリンク

サポートタイツはCW-Xの前開きタイプのHXO519。 


駐車場を出てから前山までは、緩むことなく急登が続きます。
arasawa179160013.jpg 


30分で前山に到着。ひどい急登はここで一旦おわり。
arasawa179160017.jpg 

ここで目指す荒沢岳が姿を見せました。
arasawa179160016.jpg 

しばらくなだらかなアップダウンを繰り返しつつ徐々に高度を上げます。
arasawa179160018.jpg 

雲海と日向倉山。
arasawa179160022.jpg 

秋の花、クルマバハグマ。たくさん咲いていました。
arasawa179160027.jpg 

ホツツジ。賑やかなできれいな花ですが、花にも葉にも毒があります。お腹が空いても食べないように。
arasawa179160028.jpg 

正面に荒沢岳を臨む。
arasawa179160032.jpg 


前嵓(まえぐら)のトンガリが見えてきました。あそこまで登ります。
arasawa179160037.jpg 


ダイモンジソウ
arasawa179160044.jpg 

そしてついに1本目のクサリが登場。
arasawa179160046.jpg 


急角度の岩の坂に設置されたクサリ。
arasawa179160047.jpg 


なんだこれ? ものすごい急角度なんだけど?


上から見下ろす。写真じゃわからないですけど、長くて垂直みたいな岩場でした。こういうところのクサリは、登りはともかく下りで頼りになります。
arasawa179160048.jpg 

長いハシゴ。それなりに緊張感があります。
arasawa179160049.jpg 


ハシゴの間に咲いていました。ハクサンオミナエシでしょうか。
arasawa179160050.jpg 

終わりかけのヨメナ、かな。
arasawa179160051.jpg 

クサリをつかまないと登れないところも。
arasawa179160052.jpg 



arasawa179160053.jpg 


このハシゴを上がると、
arasawa179160056.jpg 


荒沢岳の稜線が見えました。
arasawa179160058.jpg 




振り返る。立ち枯木の向こうに日向倉山、その左奥が未丈ヶ岳。
arasawa179160061.jpg 

前嵓と荒沢岳です。屹立する前嵓の岩峰と岩壁が、男のロマンを掻き立てる。
arasawa179160062.jpg 

岩峰の前嵓へと向かう登山者が見えます。
arasawa179160064.jpg 

前嵓の有名なクサリ場が見えてきました。
arasawa179167050066b.jpg 

クサリ場拡大!
arasawa179167050068b.jpg 

ど~~ですかお客さん、絶壁に張り付くかのように見える登山者と、岩場に沿うクサリ。これが荒沢岳名物。


うお~~! 越後駒ヶ岳が右にでっかく現れました。
arasawa179160069.jpg 

平らな岩の上をロープを握って下る。
arasawa179160070.jpg 


ツリガネニンジン
arasawa179160072.jpg 

タテヤマウツボグサかなと。
arasawa179160073.jpg 

チョウジギク
arasawa179160076.jpg 

さて、例のクサリ場のふもとにやって来ました。


おじさんが懸命によじ登っています。
arasawa179167050079.jpg 

いや~~、なかなかの急角度、そして高度感。それに長い。しかもところどころ濡れていてイヤラシイ。岩も比較的滑らかで、足場も万全の安心感はありません。さすがに有名な難所でした。
arasawa179167050081.jpg 

イワショウブ
arasawa179167050082.jpg


私も行きます。とにかくクサリから両手を離したら終わり。
arasawa179167050084.jpg 
(ぐぬぬぬぬ・・・)


なので、(絶対にクサリを離さない)という気迫を持ってしっかりとクサリをつかみ、三点確保を意識して登りました。これほど(クサリから手を離しちゃならん)と思うことはあまりなかったですね。剱岳のカニのたてばいより傾斜は緩いけれども、足場が不安定でした。

ここは当然ながら下りもいやらしかったですね。岩が濡れてぬめっているところがあるのが何とも危ない。


長いクサリ場が終わったあとも、またクサリとハシゴが交互に現れる急坂ゾーンが続きます。なかなかの急角度なんだ。
arasawa179167050086.jpg 


そしてまた岩をよじ登る。
arasawa179167050087.jpg 


いやもうこれは、ロッククライミングの世界。

こんなだとは思わなかった。とは言いつつも、結構楽しんでいる自分がいる。


前嵓を登り終えると荒沢岳の全稜線が見え、ここからは普通の登山道となります。
arasawa179167050092.jpg 

前嵓が終わればあとは稜線歩きで楽かなと思ったらこれが普通の山道で、荒沢岳の山頂まではまだ400m以上差があります。前嵓からさらに角田山を登るようなイメージでしょうか。
 arasawa179167050104.jpg 

前嵓を振り返る。
arasawa179160106.jpg 

葉の赤くなった、秋のママコナ。
arasawa179160107.jpg 

ミヤマアキノキリンソウ
arasawa179160110.jpg 

おっと、オニシオガマです。湿地帯でもないのに、こんなところにもあるんだ。
arasawa179160111.jpg 

赤く色づくナナカマドが、秋の訪れを先取りしていました。
arasawa179160114.jpg 

オヤマリンドウ。ほとんど終わっていました。
arasawa179160117.jpg 

名前不明の植物その1。
arasawa179160120.jpg 

近づく山頂。
arasawa179160133.jpg 

名前不明の植物その2。花の散った後と思われますが。
arasawa179160132.jpg 

9合目、やっと稜線まで来ました。
arasawa179160136.jpg 

ゴゼンタチバナの赤い実。
arasawa179160137.jpg 

真っ赤になった葉。なかなかこういう風にきれいに赤くはなりません。
arasawa179160142.jpg 

稜線を右に曲がり、山頂へ。
arasawa179160143.jpg 

タチコゴメグサかミヤマコゴメグサか。ピンボケですが。
arasawa179160144.jpg 

岩場をたどり、
arasawa179160145.jpg 

ここはクサリは必要なし。
arasawa179160148.jpg 


山頂へ。
arasawa179160150.jpg 

荒沢岳の山頂です。休憩込み3時間40分。先週の妙高山が3時間半だったけど、妙高より時間がかかった。山頂は狭いですね。
arasawa179160183.jpg 




奥の山は右が百名山の越後駒ヶ岳、左が200名山の中ノ岳。
arasawa179160195.jpg
 

本日は高曇りで、周囲の眺望は問題ありませんが青空ではないのがちょっと残念なところ。とは言え360度の大展望!


南東。尾瀬の燧ケ岳の双耳峰がくっきりと。
arasawa179160153.jpg 

同じく南東方向を広角に。燧ケ岳の右の平らな山が百名山の平ヶ岳
arasawa179160157.jpg 

 東。写真右上のとがった2つのピークの、手前が花降岳で奥が本城山。歩いてみたい稜線ですが、登山道はありません。
arasawa179160198.jpg


東方向拡大。花降岳と本城山の右奥遠くに見える平らな山が、日本百名山の会津駒ヶ岳。先月登りました。
arasawa179160186.jpg 

北東に奥只見湖。
arasawa179160192.jpg 

北側。ご覧の通りの山々(クリックで拡大↓)
DSC06010arasawa.jpg
守門岳浅草岳などの越後の名山がズラリ。 


北西(クリックで拡大↓)
DSC06011b.jpg 権現堂山、唐松山、枝折峠から越後駒に至る稜線上の明神峠など。


そして西、百名山越後駒ヶ岳(クリックで拡大↓)
DSC06008.jpg 

200名山中ノ岳(クリックで拡大↓)
DSC06006.jpg 

南西。灰吹山から灰ノ又山~兎岳に至る稜線(クリックで拡大↓)
DSC06007.jpg 
この稜線は、どっかで泊まらなければ歩くことのできない、登山愛好家憧れのルートです。


その憧れの稜線を、若者の男子3名が行きます。今日は中ノ岳の避難小屋まで行くとのこと。なんてうらやましい。でも中ノ岳は遠いな~ (2枚クリックで拡大↓)DSC05988.jpg 

DSC05990.jpg 

オレもいつか行ってみたいな。


arasawa179160166a.jpg (B型 at the top of 荒沢岳)


立っていると風を強く浴びて寒いのですが、座るとあら不思議、まったく風がなく、ゆったりと休むことができました。
arasawa179160196.jpg 

本日は初の試みで、即席のとん汁です。おにぎりとの相性もバッチリ。
arasawa179160169.jpg 

ちょうど1時間山頂で滞在。私より後に来た人も次々と先に下りて行かれます。せっかく登ったのにゆっくりしないともったいないと思うのですが。





来た道を戻りますが、登るときには気づかなかった風景やモノに下りで気づくことも多々あります。
arasawa179160204.jpg 

8合目の看板。登るときには気づきませんでした。
arasawa179160206.jpg 


arasawa179160207.jpg 

登って行く人。私より1時間半ほど遅いですが、明るいうちには問題なく下りれるでしょう。
arasawa179160208.jpg 

白い花の終わったヨツバヒヨドリ。
arasawa179160210.jpg 

オオカメノキの赤い実と、日向倉山、未丈ヶ岳。
arasawa179160212.jpg 

7合目の看板と越後駒。
arasawa179160215.jpg 

前嵓が近づいてきました。
arasawa179160217.jpg 

サラバ荒沢岳! 次はオレも中ノ岳まで行くぞ!
arasawa179160219.jpg 

そして問題の前嵓のクサリ場を、クサリをガッチリとつかんで慎重に慎重に下る。
arasawa179160224.jpg 


ツリガネニンジン
arasawa179160225.jpg 

秋はきのこの季節。こちらのハナホウキタケは毒きのこ。
arasawa179160227.jpg 

ブナの林は心地よし。
arasawa179160228.jpg 

ガサガサッ!と動くものは大抵カナヘビでしたが、最後の最後でぶっとい奴がトグロを巻いていました。

arasawa179160230.jpg 
ささっと草むらに逃げ込んだ黒いヘビです。先日二王子岳に行ったとき、近くの二本木山に行こうとしたオバサマが、黒いヘビだらけで撤退して来たとのたまっていたのだが、これは何ヘビでしょうか?


ネットで調べたところでは、黒いヘビは「黒化型」と言って、本来の蛇の体色が変異して(体色変異といいます)、黒色に変化したものらしい。


主なものとしては、①シマヘビ ②マムシ ③ヤマカガシ などの黒化型のものがいて、「カラスヘビ」と呼ばれたりもするとのこと。

ここに写っているのはなんでしょうか、この写真からはわからないですね。


そしてハシゴやクサリ場の急坂を慎重に下り(気をつけて下りれば大丈夫)、3時間ちょっとで下りてきました。


本日のサポートタイツ+ヒザサポーターは、問題なくグッドでした。
arasawa179160233.jpg 
ってか、これ 最強かも。まるでバネが効いたか、天狗のように軽やかに歩けた。これからの定番にケッテーイ!


帰り道、奥只見シルバーラインの途中から越後駒ヶ岳がよく見えました(クリックで拡大↓) DSC06051.jpg 


ここんとこ毎週のように山に行ってますが、時間さえ許せば1泊、あるいは2泊くらいで歩いてみたいところもたくさんありますし、行きたい山は身近なところでもそれこそ山のようにあるんだから仕方ありません。

これからも行けるときは行ってしまうでしょう。これはもう「そういう生き物」なんだということで、どうにもなりませんね。



B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2323. 

こんばんは、B・Yさん!
台風にふてくされて、自宅でとぐろを巻いている悠です、ちなみに黒くありません(笑)

荒沢岳…私の持っている教科書では、距離9キロ・歩行時間9時間半となっていますが、B・Yさんはもっと早く行動していますよね。
これはやはりB・Yさんの歩く速さが、速いのではないでしょうか?
う~ん、あてにならないじゃないですか~(笑)
私は基本コースタイムの女ですから、場所場所の危険具合だけ参考にさせていただきます!

あぁ、山に登りたい…そして、山と自分の世界に浸りたいよ~!
  • 2017-09-17 20:11
  • URL
  • 編集

2325. 台風18号…3連休を直撃。。(泣)

連休2日目 予報通り鹿児島〜高知を掠めて、関東まで雨雲に覆われましたなぁ(泣)
いちおう早起き、したけど雨模様…だったので、近場のスーパー銭湯(朝風呂営業)だけ山歩きナシ、で浴びてきました。

そういえば今年のは 7s でなく「8」に
なるみたいですね…新機種の型番は。
料金プランも新しいのが出てたりして、
とりあえず回線契約を少し見直してみよ
うかと検討中、でアリマス(^.^)
  • 2017-09-17 20:35
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2326. Re: タイトルなし

続いて悠さんこんばんは!

台風にふてくされて、自宅でとぐろを巻いているB・Yです、ちなみに黒いです(爆)

そうですね、最近のコースタイムは、山と高原地図のタイムからすると7~9割くらいのタイムで歩いているかもしれません。それでも、写真は撮りまくりですし(今回は235枚)、まったく「早く歩く」という意識はありません。自分のペースで山を感じながら歩いています。でも最近は、歩き慣れているせいか下りのスピードがアップしている気がします。

ここんとこ毎週のように山へ(それもでっかい山ばっか)行ってるせいか、心の底から湧き上がる、自然を味わうことのできる喜びみたいなものは若干薄れている気がします。贅沢な話ですが。でもまた来週も行ければ行きますけどね、平日にたっぷりとストレスをため込んで!(笑)実はそれが私の山登りの燃料なのかもしれません。
  • 2017-09-17 20:53
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2327. Re: 台風18号…3連休を直撃。。(泣)

ひろかずさんこんばんは。

台風でしたね~。只今四国付近でしょうか。まだこちらは影響なく、どっかで花火上がってます~~

iphoneも毎年変わりますが、ワタシ的には6でもう実用的には行きつくところまで行ったのではないかという思いが強く、替える気もないのですが、それでは時代に乗り遅れますかねぇ
  • 2017-09-17 20:56
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2328. やりますね!

おっ!荒沢岳に行ってきましたか!

行きたい山の一つなんですが
あの鎖場はエグすぎます!

上りはなんとかなりそうですが
下りがイヤだなぁー。

八海山の八ツ峰は去年クリア
しましたが、ここは難易度更に
高そうですねぇーBYさん視点から
八海山と比較してどんなでしょう?

ちなみに八海山は友人の
強引な誘いがあって行き
ましたが、単独の八ツ峰はイヤです!w



2329. Re: やりますね!

junk-landさんおはようございます!

行ってきました荒沢岳。クサリとハシゴの連続でエキサイティングでした。なにせ急角度のところが多いのですよ。

八海山の八ツ峰に行かれたのですね。荒沢岳とどっちがヤバいかと言えば、それはもう断然八海山の八ツ峰のほうがヤバいです。八ツ峰は(落ちたら終了)なところが何か所もありますよね。荒沢岳も例の長いクサリのところはヤバイですが、それ以外は急角度のところでも山の中であって崖はないので安心感はあります。大日岳のクサリを味わったのであれば、あれほどの怖さはありません、大丈夫です(笑)

10月には荒沢岳のクサリははずされるようなので、行けたら行ってみてください。
  • 2017-09-18 08:11
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2330. 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/931-bc6cc91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

カットゾーン フルール  三条市の山歩き好き店長  のいる美容院

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。