秋の花咲く秋涼の二王子岳登山日記(新潟県新発田市)


B型人間の山歩き  アマゾン 楽天

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2017年9月3日、新発田市にある二王子岳(にのうじだけ:1420m、日本200名山)に行ってきました。この時期ならではの、夏から秋にかけての花がぼちぼち見られました。

コースタイム : 駐車場(ゆっくりめ:3時間)二王子岳山頂(早め:2時間10分)駐車場



当日歩いたルートのポイントです。


ほんとは前日の夜、妙高山に登ろうと思って目覚ましを3:50に設定していました。


ところが目が覚めたところで天気を確認すると、どうもこの日は新潟県の南部はあまり天気が良さげでない。


では県北の方はどうか?と調べてみると、これがどうも良さげである。


てなことで、じゃあどこ行きますかと思いめぐらして、日本200名山のひとつでもある新発田の二王子岳に行くことにしました。



二王子岳ふもとの駐車場です。登山口の二王子神社からちょっと離れたところ。
ninouji0001.jpg 

二王子神社です。標高は300mほど。
ninouji0004.jpg 

二王子神社前にも車は停められるようでした。きれいなトイレもあり。
ninouji0003.jpg 

それでは出発でーす。写真に写っているのは後で出てくる「ヘビの話」のオバサマ。
ninouji0005.jpg 

清流に沿ってしばらく樹林帯歩き。
ninouji0007.jpg 

渡渉は2回あり。
ninouji0008.jpg 

立派な杉木立の中を歩いて行きます。
ninouji0009.jpg 

ミズヒキ。薄暗い樹林帯に咲く夏の花。
ninouji0010.jpg 

緩やかな杉林の樹林帯が終わり、急登の開始です。
ninouji0011.jpg 


あ、クリが落ちてる♪ と思ったらイガがない。調べてみたら、栃の実のようです。
ninouji0012.jpg 

デカイ「神子石」の脇を通り過ぎる。
ninouji0014.jpg  

キバナアキギリ。
ninouji0017.jpg 

一王子避難小屋です。一王子神社もあるみたいだけど、よくわからんかった。
ninouji0018.jpg 

中はこんな感じ。きれいなのはあまり利用されていないからでしょうか。5分ほど休憩させてもらいました。
ninouji0020.jpg 

一王子避難小屋のところが3合目です。
ninouji0021.jpg 

ブナの木になってきましたね。登山道に使われている木がブナなのがナイス。
ninouji0022.jpg 


四合目。
ninouji0023.jpg 

ひたすら登り、
ninouji0024.jpg 


五合目。写真に写ってませんが、右側にちょこっと休憩広場があります。
ninouji0025.jpg 


ガスっています。ってことは雲の中。今日はいい天気になるかと思って下越方面に来たんだけど、山の上には雲がかかっていてなかなか取れないようです。
ninouji0026.jpg 

しかしよく整備された道だな。
ninouji0027.jpg 


土のうが登山道に使われています。珍しいですね。歩きやすくてよかったです。
ninouji0028.jpg 

これはジャコウソウですかね。
ninouji0031.jpg 

オオカメノキは赤い実をつける季節。
ninouji0032.jpg 

六合目。
ninouji0033.jpg 

平らな道は歩きやすくて歓迎。
ninouji0034.jpg 

樹林帯続きな上にこのガッスガスで下界も見えず、なんだかテンションも上がらず(ツマラナイ山歩きだな)と珍しく思いました。
ninouji0035.jpg 

ところが歩き始めて2時間ほどすると、体が歩き慣れたのか急に体が軽くなり、気分も明るくなってきました。

これは「ランナーズハイ」ならぬ「クライマーズハイ」いや、「ハイカーズハイ」ですかね。


(白いアジサイが咲いてるな・・・)

と思ったらどうもアジサイではない様子。ノリウツギという木の花でした。
ninouji0042.jpg 

あとでよく考えたら、アジサイで「白」ってのは確かにないよな。


お!? ようやく晴れ間が! しかしすぐに雲に覆われてしまいました。
ninouji0043.jpg 

コース唯一のロープ場。ここは確かに要ロープ。
ninouji0046.jpg 


オクモミジハグマ。初めて見た花です。こういう発見がウレシイ。1cm強の小さな花でした。
ninouji1793aa0001.jpg 


七合目。このあたりから先は登りも緩やかに。
ninouji0047.jpg 

目を引く赤いカサのキノコ。
ninouji0049.jpg 

柄は白。特徴からしてドクベニタケか。ブナベニタケってのもあるらしいですが、キノコは特定が難しいですね。
ninouji0051.jpg 

葉っぱにも秋の気配が。
ninouji0054.jpg 

これはなかなかに整った、実に美しいアザミの花。アザミは天ぷらとかでも食べられるらしいですね。
ninouji0105.jpg 

これはシラネニンジンですかねぇ。セリ科の植物はどれも似ていてみんな同じに見えるんですよね。
ninouji0058.jpg 

これはシロヨメナかと見ますがどうでしょう。
ninouji0062.jpg 

真新しい土のうと木材で整備されたばかりのような登山道。ほんとによく手入れがされている道です。
ninouji0063.jpg 



三王寺神社です。奥の石の祠がそれ。
ninouji0065.jpg 

ふもとにあるのが二王子神社で三合目にあるのが一王子神社。この山頂の稜線部にあるのが三王子神社で、山の名前は二王子岳。きっとなにか謂れがあるのでしょうね。


小さな赤い実。秋の山にはよく見られる光景。なんの実かなと思って調べたら、これはどうもゴゼンタチバナの実らしい。ゴゼンタチバナって実がなるんだ。日本では食べませんが、北米ではジャムにしたりするみたい。
ninouji0066.jpg 

小さな池がありました。池には花の終わったミヤマホタルイが稲のように伸びていました。
ninouji0071.jpg 

池の脇にはわずかにイワイチョウ。この夏はいろんなところでイワイチョウを見ました。
ninouji0101.jpg 

リンドウの仲間なのでしょうが、何リンドウですかね。
ninouji0072.jpg 

アキノキリンソウはどこでも見られるポピュラーな花。
ninouji0073.jpg 

奥ノ院跡。
ninouji0074.jpg 

二王子岳より4m高い二本木山(1424m)への分岐。二本木山までは1km。
ninouji0099.jpg 

二王子岳避難小屋が見えて来ました。
ninouji0076.jpg 

二王子岳避難小屋に到着です。ちょうど3時間でした。
ninouji0077.jpg 




小屋に荷物を置いて、小屋の裏にある二王子岳山頂へ。
ninouji0078.jpg 

二王子岳(1420m)です。晴れていれば飯豊連峰の山並みが ドーン!  と見えるはずなのだが本日はこの状況(残念)

「青春の鐘」を カーン♪ と鳴らす。カン高い鐘の音が、霧のしじまに虚しく響き渡る。山頂の気温は14度。ちょっと寒い。


二王子岳避難小屋に戻ります。小屋の中の画像です。
ninouji1793a0020.jpg 

ninouji1793a0004.jpg 

それほどキレイとは言えないが、休憩場所としては十分な小屋。冬にも訪れてみたいですね。
ninouji1793a0006.jpg 

ninouji1793a0005.jpg 

ランチです。全部セブンイレブンで調達。「カップラーメン×おにぎり」というダブル炭水化物も、この運動量なら十分消化できるはず。ベーコンは4枚入り70円。最近のお気に入り。
ninouji1793a0002.jpg 

食べていると、小屋に荷物を置いていたオバサマが小屋に戻って来た。


「二本木山に行ってきたんだけど、ヘビだらけで帰ってきたわよ! 指2本くらいある黒いヘビで。刈り払いしてあるからひなたぼっこしてて、どかないのもいて(笑)」


ほほお、そうなのか。黒いヘビというと何ヘビかな。まぁヘビは山で遭遇すると大抵は逃げて行ってくれるし、私はそれほど苦手なわけではないですが、会ってウレシイものでもないですしね。今回は時間もないし行けないですが。


食事を食べ終えて、また外に出てみると下界が見えるほどガスが晴れている。晴れ間も見える。
ninouji1793a0022.jpg 

山頂に行くと、すっかりガスが晴れて飯豊連峰が屏風のように現れていました。

ninouji0085.jpg 

ninouji0084.jpg 

トレイルランニングの人が結構います。

ある若い男性は、「今日は2往復しようかと思ったけど、1回にします」と話していました。すごいな~


北方向。海も見える。
ninouji1793a0012.jpg 

南方向。二本木山です。登山道が見えます。
ninouji0083.jpg 

飯豊連峰の左側、とんがった鉾立峰と、その左が200名山朳差岳(えぶりさしだけ)。いつか朳差岳の避難小屋に泊まってみたい。
ninouji1793a0019.jpg 

これだけ見えれば上出来です。
ninouji0095.jpg 

下って行くと、登りでは見えなかった下界も見えるように。
ninouji0104.jpg 

帰り道から眺めた二王子岳。
ninouji1793a0023.jpg 

標高差1100mの山の日帰り登山はやはり登りごたえがあります。でも二王子岳は冬に登って避難小屋で休むのも魅力的なので、また冬に挑戦してみたいですね。



B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2317. ドーム型の避難小屋!!

9月に入って涼しくなってきましたね。
陣馬・高尾方面でも行きたくなって来ました(苦笑)

あと職場近くに釣り具店があるのを発見
して…秋のハゼ釣り、にも行きたくなり
ましたが釣り方を忘れてしもうた(汗)
あと、東京湾・相模湾では先ず投げ釣り
では掛からない「チャリコ」ちゃん、は
マダイ(真鯛)の幼魚、になのですかね??
  • 2017-09-08 21:22
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2319. Re: ドーム型の避難小屋!!

ひろかずさんこんにちは。朝晩はすっかり涼しくなって秋だな~と思いますね。投げ釣りではチャリコ:マダイやハナダイの稚魚やピンギス、クロダイ、スズキの稚魚なども掛かってくる季節ですね。最近山ばっかりで、海から遠ざかっております~
  • 2017-09-10 15:14
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/929-98ad2c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。