夏の花いっぱい、高層湿原の会津駒ヶ岳~中門岳


B型人間の山歩き  アマゾン 楽天

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2017年8月19日、福島県檜枝岐村にある会津駒ヶ岳(あいづこまがたけ:2133m:日本百名山)に行ってきました。

休憩込みコースタイム :滝沢登山口駐車場(2時間40分)駒の小屋(20分)会津駒ヶ岳山頂(40分)中門岳(35分)駒の小屋(1時間50分)滝沢登山口駐車場



当日歩いたルートのポイントです。


まずはどうでもいい前夜の話から。


今週末はまた例によって天気があまりよろしくなさそうだ。今年の夏はまったくもって天気はハズレである。


天気予報では、新潟県内はどこも土曜日は朝方まで雨マークがついている。


それでは福島はどうだ?と調べてみると、とりあえず檜枝岐村は土曜日も雨マークがない。ということで、それなら会津駒ヶ岳に行こうではないかと決定。


金曜に仕事を終え、単身赴任先から1時間半ほどで自宅に戻る。そして、これから車に布団を積んで、3時間ちょっとかけて会津駒ヶ岳のふもとの駐車場までナイトドライブだ(遊びとなると元気だのぉ~)

今はグーグルマップで目的地へのかかる時間を調べると、ほぼ正確に時間がわかるので行動の計画が立てやすくてとっても助かります。これもAI時代のおかげ。


ところがだ、登山用具を準備していると、、、



あれ~~? 登山地図がないな(??)



なんと、単身赴任先のアパートに登山地図(山と高原地図 尾瀬)を置いてくるというプチアクシデントが判明 (しかし忘れ物にもバリエーションがあるのぉ〜)


会津駒ヶ岳なんて道迷いの心配はないと思うけど、あの登山地図がないとどうもテンションが上がらないんだけどなぁ。


ってなことで、ネット上の登山地図をプリントアウトして持っていくことに。




そして夜道を運転し、夜中の1時過ぎに滝沢の登山口駐車場に到着。

後部座席に布団を敷いて寝ようとしたが、地面がナナメ(右下がり)になっていて寝づらいこと。いろんなことがあるなぁ。結局大して眠れなかった。


4時半、周囲がざわつき始めたので目が覚める。しばらくウダウダと過ごしたのち、身支度を整えて出発。今日も長丁場になりそうなので、両ひざにキネシオロジーテープでテーピングを施しました。


5:35出発です。
aidukoma178190001.jpg 

駐車場奥の車道を道なりに1分ほど歩くと、会津駒ヶ岳登山口の階段があります。
aidukoma178190005.jpg 


しばらく樹林帯歩き。
aidukoma178190016.jpg 

さすがに日本百名山だけあって、登山道はよく整備されています。下に写っているのはこの日ずっと抜きつ抜かれつだったご夫婦の奥様、「紫ザックカバーのオバサマ」。
aidukoma178190020.jpg 


駒の小屋までの中間点、水場が近くにある広場。ここまでが比較的急登。ここから先はおおむね傾斜は緩めになります。
aidukoma178190022.jpg 

このちょっと先で、珍しいものを見つけました。


きのこです。デカイ。傘など私の握りこぶしよりラクラク大きい。
aidukoma178190024.jpg 

aidukoma178190025.jpg 

傘は薄ピンク、柄は黄色。こんなの毒キノコに決まってんダロと思ってました。

ところが家に帰って来て調べてみると、特徴からしてこれはアカジコウというキノコで、だとすれば美味しいキノコだとのこと。いや~、世界はまだまだ知らぬことばかり。


植生が変わって高山帯の針葉樹に。夏山だなぁ。
aidukoma178190028.jpg 

ここまで上がって来てなおこの登山道の整備状況。素晴らしいですね。
aidukoma178190030.jpg 


これはこのあたりの固有種、ジョウシュウオニアザミかと。
aidukoma178190031.jpg 

aidukoma178190033.jpg 


aidukoma178190034.jpg 

会津駒ヶ岳の稜線部が見え始めました。
aidukoma178190038.jpg 

オトギリソウ。
aidukoma178190037.jpg 

さっきまで木々の間から燧ヶ岳の双耳峰が見えてたんだけど、もう見えなくなっちゃった。
aidukoma178190040.jpg 

会津駒山頂を眺めるベンチ。この周辺にたくさん花が。
aidukoma178190047.jpg 

ミヤマリンドウ
aidukoma178190048.jpg 

キンコウカ
aidukoma178190049.jpg 

ツルコケモモ
aidukoma178190053.jpg 

イワショウブ
aidukoma178190056.jpg 

そして少し行くと、草原地帯に出ました。
aidukoma178190057.jpg 

池塘もあり。
aidukoma178190058.jpg 

aidukoma178190060.jpg 

木道を歩き、
aidukoma178190063.jpg 

ここを越えると、、、
aidukoma178190066.jpg 

草原の丘の上に、駒の小屋が乗っかっています(クリックで拡大↓)
DSC05207koma_201708201316026cf.jpg 

いや~~、これはたまんね~な~。草原の小山の上にたたずむ山小屋。なんという癒し系の眺め。青空だったらさらにすごいことだろう。


花の終わったチングルマの穂。
aidukoma178190073.jpg 

池塘の向こうに燧ヶ岳。
aidukoma178190074.jpg 

たぶんシラネニンジン。
aidukoma178190075.jpg 

小屋前のベンチ。
aidukoma178190076.jpg 

駒の小屋です。2時間40分で上がって来ました。宿泊は要予約、食事は出ないので要持参です。
aidukoma178190079.jpg 

ミヤマコウゾリナ
aidukoma178190083.jpg 

手作りのオブジェ。こういうアソビ心がナイス。
aidukoma178190084.jpg 

玄関付近。
aidukoma178190080.jpg 


aidukoma178190081.jpg 


う~ん、小ぢんまりした良さげな小屋だな。寝室は見れなかったけど、今度は泊まってみたい。



さて、では会津駒の山頂へ向かいましょう。
aidukoma178190077.jpg 

aidukoma178190087.jpg 

うお~~! ハクサンコザクラだ! 今シーズン初物!

aidukoma178190089.jpg 

まだ咲いてました、チングルマ。
aidukoma178190095.jpg 

イワイチョウ。山頂の平原ゾーンはイワイチョウだらけでした。
aidukoma178190096.jpg 

ハクサンコザクラとイワイチョウ。
aidukoma178190098.jpg 

1cmほどの大きさの可憐なミヤマツボスミレ。
aidukoma178190106.jpg 

樹林帯に入り、中門岳方面との分岐を右へ。
aidukoma178190108.jpg 

ほどなく山頂。小屋から20分。

aidukoma178190110a.png 


中門岳(なかもんだけ)に行ってきたという男性に写真を撮ってもらう。池塘がたくさんあり、ハクサンコザクラがたくさん咲いていたとのこと。

その男性は昨日は雨の中燧ヶ岳に登り、夜は檜枝岐歌舞伎を見たのだとか。檜枝岐歌舞伎も一度は見てみたいですね。


では中門岳へ。会津駒ヶ岳までですでに3時間歩いていますが、中門岳までは標高差はあまりないとはいえここからさらに標準タイムで50分。遠いな。



樹林帯を抜けると、たおやかな草原の山稜に延々と木道が延びています。

うわ~、こりゃいいところだな。こんなところだなんて全然知らんかった。ニッコウキスゲがここだけ咲いてました。
aidukoma178190113.jpg 


と!



ズルッ!


おおっと! 危ない危ない。下り坂の木道でスリップして危うくコケるところだった。濡れてるから気をつけてはいるのですが、それでも滑ります。

aidukoma178190115.jpg 

木道と池塘。これがず~~っと続く。
aidukoma178190117.jpg 

でました、ハクサンコザクラです。
aidukoma178190122.jpg 

写真では捉え切れないハクサンコザクラの大群落でした。
aidukoma178190123.jpg 

一番多かったのはイワイチョウ(右下の白い花)でしょうか。もう一帯そこら中に咲いていました。こんなイワイチョウだらけのところは初めて。
aidukoma178190124.jpg 

aidukoma178190126.jpg  

いや~、気持ちいいッス。最高っすわ。晴れてたらもっとね。 aidukoma178190128.jpg 

aidukoma178190130.jpg 

進んで行くと、下りに差し掛かり、木道が崩れています。画像は下から撮ったもの。
aidukoma178190166.jpg 


(ヤバそうだな・・・)


と思いながら歩を進めていくと、、、


注文通りにスリップ

(XX) しまった!

aidukoma178190177.jpg
(あいててて)


警戒しているのにスリップ。これは悔しい。というか侮れない。


先へ100mほど進んだところで、後ろから紫ザックカバーの夫婦が来られた。

そしてご主人が、私とまったく同じところで滑ってコケていた。声をかけようにも、もう届かない距離だったので仕方がない。ご主人は下ってきたところで再度コケたのが見えた。とにかく注意してても滑るのだ。


ミヤマキンポウゲ
aidukoma178190164.jpg 

咲き始めのコバイケイソウ。一帯でこれ1つだけでした。これからですね。
aidukoma178190162.jpg 

続く木道。雨が降って来ました。降ったり止んだり。
aidukoma178190135.jpg 

晴れてたら池塘も空の青を映しこんで、ものすごくキレイになるんでしょうけどね。
aidukoma178190137.jpg 

aidukoma178190138.jpg 

湿地帯にはモウセンゴケ。
aidukoma178190140.jpg 

そして会津駒ヶ岳の山頂から40分で中門岳の道標のところに到着。しかしよく敷いてくれたな~、この延々と続く木道。すごいな。
aidukoma178190142.jpg 

中門岳の道標地点です。道標に(この一帯をいう)とありました。
aidukoma178190143.jpg 

会津駒ヶ岳に来たら、中門岳まで行かないと。会津駒と中門岳はセット。会津駒から中門岳の高層湿原帯の稜線こそ会津駒ヶ岳の核心部だろう。知らなかった。世の中知らないことばかり。



木道はまだ先へと続いているので行ってみます。
aidukoma178190145.jpg 

雨足が強くなってきました。雨具を着込みます。

aidukoma178190146.jpg 

しかしこの夏は雨が多い。東京なども8月に入ってから毎日ず~~っと雨が降っていたというし、まして山などはなおさらだ。
aidukoma178190148.jpg
(雨粒の落ちる池塘) 


木道の最奥部に来ました。池塘を木道がグルっと取り囲んで1周しています。まわってみましょう。
aidukoma178190149.jpg 

aidukoma178190150.jpg 

aidukoma178190151.jpg 

紫ザックカバーのご夫婦。奥さんが紫ザックカバー。
aidukoma178190153.jpg 

ご夫婦があちこち指差しをしたりして花の話をしておられます。私が見落としていたものです。いかに見ているようで見ていないことか。


まだシャクナゲが咲いていました。
aidukoma178190154.jpg 

奥さんが「かわいいわねえ」と言っていた花。ツルコケモモでした。
aidukoma178190158.jpg 

紫ザックカバーのおばさま。
aidukoma178190161.jpg 

駒の小屋に戻ってきました。
aidukoma178190171.jpg 

小屋の裏手にあるトイレ。1回100円です。
aidukoma178190172.jpg 

小屋の自炊コーナーでカップラーメンでも食べようかと準備をしていると、11時からチェックインの準備で掃除をするから出てくださいと小屋の方に言われ出ることに。
aidukoma178190169.jpg 


外は小雨が降ったり止んだり。でもせっかくだから持って来たカップラーメンを。今日は酸辣湯麺。セブンイレブンもいろんなもん作るな。
aidukoma178190170.jpg 

ゆっくり休んで下山です。

しかしやはり、せっかく登ってもすぐに下りなければならない日帰り登山はもったいない。山小屋に1泊してじっくり過ごせるといいんですけどね。


下りの木道は要注意、、、



とぉ!



ズリッ!! (XX)しまった!



aidukoma178190175.jpg 
(イテテテテ・・・)


油断しているわけではないのですが、それでも滑る会津駒の木道。難敵です。


やれやれと泥を払いつつ歩いて行くと、紫ザックカバーのおばさまが前方を歩いておられます。


と!?


ずりっ! と木道でスリップして危うく転びそうになった。


追いついて「危なかったですね」と声をかけると、


「今日は3回もコケたわよ!(笑)」


とのこと。私は2回、ご主人は私が見ただけで2回コケていたので3人で計7回コケている。登山者全体ではいったい何回になるのだろう。


登るときにはつぼみだったハナニガナが開いていました。夜になると閉じるのかな?
aidukoma178190178.jpg 

駐車場に戻って来ました。下りはスイスイ下って1時間50分でした。
aidukoma178190181.jpg 

せっかく檜枝岐まで来たんだし、汗も流したいので温泉へ。燧の湯です。
aidukoma178190182.jpg 

本日は両ひざにテーピングをしました。おかげでスイスイ歩けました。コケましたけどね。
aidukoma178190184.jpg 

会津駒ヶ岳の上があんな平原になってるなんて知りませんでした。思いがけない光景に出会える、それもまた山歩きの楽しみの1つであります。

そして駒の小屋はいい感じの小屋だったので、いつかあそこに泊まって炊事コーナーで酒など飲みながら山談義に花を咲かせたいですね。


それでは久々に本日まとめの一句。


 下りのね 木道スリップ 気をつけて



B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2308. 今回も「県外遠征」⁉︎

あら。先般は「富山方面」からの剱岳
登頂〜今回も「福島方面」でしたか(汗)

そういえば…NGTメンバーには福島の子
は居ないけど、富山出身の子はデビュー
曲のセンターでしたっけな(^.^)

☆ハイブ長岡の一曲目に「青春時計」♪
  • 2017-08-20 17:59
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2309. Re: 今回も「県外遠征」⁉︎

ひろかずさんこんばんは。

今回も県外遠征でした。なにせこの暑い時期、標高が高くてめぼしい山となると妙高くらいしかないのですが、天気が悪そうでヤメました。檜枝岐歌舞伎に興味がわいたので、そのうち見に行ってしまうかもしれません~~

2310. 

こんにちは、B・Yさん!

今年の夏は、本当にお天気が良くないですよね(^^;
せっかく山に行こうと思っても、天気が悪いとイマイチ気分が乗らないというかなんというか…まぁ気分よりも問題はスリップですe-330
怪我はしなかったようなのでそれは良かったですが、気を付けていたにもかかわらず滑ると、地味~にダメージを食らいますよね。
お互い気をつけましょう!

会津駒って、こういう山頂なんですね、素敵です!e-420
晴れていればもっと魅力アップしますが、何よりお花がいいですね~(^^
ツルコケモモとモウセンゴケのコラボは、可愛さ爆発!
あぁ、私も行きたいです~e-330
  • 2017-08-27 20:23
  • URL
  • 編集

2311. Re: タイトルなし

悠さんこんばんは!

ほんとに今年の夏はダメな天気でしたね。雨具の出動回数第1位の夏、というか年です。今日は久しぶりに快晴の新潟ではありましたが(笑) あの木道にはやられました。下りの木道でも、滑らないところがほとんどなんですよ。気をつけてもいますし。でも滑ることがある。コケることを前提に、雨具など着ておくのが最善なのかもしれません。暑いのでイヤなんですけどね。

会津駒ヶ岳があんな高層湿原の山だったとは私も知らなかったんで、感動もひとしおでした。あれは晴れてたら大変なことになります(笑)いつか尾瀬の御池から上がって駒の小屋に泊まって、晴れた中門岳に行ってみたいですね。悠さんが行けば、私の気づかなかったお花もきっとあるでしょう。ぜひお出かけくださ~い♪
  • 2017-08-27 21:59
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/927-c32df4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。