大雪渓から白馬岳に登って白馬山荘に泊まる夏の休日(1日目)


B型人間の山歩き  アマゾン 楽天

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド


2017年7月15、16日と1泊で、長野・富山の県境の山、白馬岳(しろうまだけ:2932m、日本百名山)に行ってきました。

1日目の日記です。 (2日目はこちら



夏の山小屋泊まり山歩きガイド

今回の山歩きのルートです。



家から2時間半で猿倉の駐車場に到着。ええ感じに晴れてます。
sirouma1707150002.jpg 

駐車場から2、3分歩くとすぐに登山口の猿倉荘です。(クリックで拡大↓)
DSC03891.jpg 

朝日を浴びる猿倉荘と大勢の登山者。早朝の高原の清々しい空気。空気がキラキラと輝いています。美しい! 素晴らしい! こういうのを味わえるのも山歩きのナイスなところ。

写真だけではこの素晴らしさはわかりません。さあみんな、山に行こうぜ!(今日は飛ばしますね)

 
それでは1泊2日の山旅に出発です。前は小学生連れのご家族。
sirouma1707150005.jpg 

しばらく林道歩き。
sirouma1707150007.jpg 

白馬鑓温泉小屋方面の分岐。
sirouma1707150008.jpg 

白馬岳を眺めながらの林道歩き。
sirouma1707150014.jpg 

タニウツギ。下界はとっくに終わってますが、さすが高山です。
sirouma1707150015.jpg 

小川を渡る。
sirouma1707150020.jpg 

雲もありますが、概ね晴れ。山はなんたって晴れてりゃもう「いい休日」確定。
sirouma1707150024.jpg 

林道も終わり、登山道へ。
sirouma1707150026.jpg


オオバミゾホオズキ。山麓部で見られました。花の名前ははなせんせというページで教えてもらっています。
sirouma1707150029.jpg 

樹林帯を抜けて開けました。ひんやりとした風が心地いいです。雪渓の冷気でしょうね。
sirouma1707150031.jpg 

おお~、これは知ってます、シラネアオイです。実物見るのは10年ぶりくらいかなぁ。
sirouma1707150032.jpg 

イチリンソウ。写真を撮ってたおじさんに教えていただきました。
sirouma1707150034.jpg 

大きな葉っぱの上に白い花が咲いてるヘンテコな植物。たくさん見かけました。サンカヨウだそうです。
sirouma1707150035.jpg 

猿倉荘から1時間ほどで白馬尻小屋に到着です。
sirouma1707150037.jpg 

sirouma1707150043.jpg 

そして小屋の前に出て驚いた。


どぅわ~~ すんごい人!

sirouma1707150040.jpg 

これから歩く大雪渓を前に、皆さんここでアイゼンを装着してるみたい。


では私も装着。私が使っている軽アイゼンは、モンベルのラチェット式の6本爪のものです。装着も簡単で、夏場の雪渓、冬の里山などはこれで十分です。 アマゾン  楽天
sirouma1707150045.jpg 



そして、標高の高い山を登るときは高山病に注意。高山病を防ぐのに重要なのは、十分な水分補給をすることです。水分補給は、1時間あたり「自分の体重×4ml」程度、すなわち体重50kgの人であれば50×4=200ml程度の水を飲むと、高山病予防に有効だそうです。
sirouma1707150042.jpg(ソルティライチで水分補給~) 



では行きましょう~


あら? すぐに大雪渓ではなくて、しばらく雪のない登山道歩きがあります。なんだ、まだアイゼンつけなきゃよかった。


ん?


おおお~~(@@)!!


キヌガサソウです! 初めて見ました! 感動的!

sirouma1707150049.jpg 

どういう因果でこの花と葉の形に落ち着いたのか、自然というのは摩訶不思議。
sirouma1707150047.jpg 

大雪渓のふもとにやって来ました。さすがに涼しいですね。では登って行きましょう。
sirouma1707150051.jpg 

私は軽登山靴で来てしまいましたが、防水もしっかりしていて問題ありませんでした。ただ、歩き慣れない人はもう少ししっかりした登山靴の方がよろしいかと。あと、ストック(トレッキングポール)も持っている人が多かったですね。
sirouma1707150052.jpg 


おお!? これは!?

sirouma1707150054.jpg 
雪渓にできた大きなほら穴です。

よしこれは、「天然の関越トンネル入口」と名付けよう♪


しかし、、、



(XX)サムイ



風が冷たすぎる。ウインドブレーカーを出そうか悩ましい。


すると、気流の関係か、時折やたらと生暖かい空気も流れてくる。自然は様々な表情を見せます。

sirouma1707150056.jpg 

sirouma1707150058.jpg 

sirouma1707150065.jpg 

ず~~っと先まで人の列が。
sirouma1707150070.jpg 

振り返ればこちらも人の列。大雪渓を上から下まで人の列がつながっている。壮観な眺め。
sirouma1707150088.jpg 

クレバス。落ちたら大変。
sirouma1707150071.jpg 


急坂では歩みもノロくなる。焦らずゆっくりと。高山病を防ぐためにもゆっくりと。
sirouma1707150074.jpg 

sirouma1707150078.jpg 

1時間ほど歩いたので休憩。

休んでいると、左側の沢筋から「コロコロ・・・」と音がしたかと思うと、20cmくらいの石が転がってきた!
sirouma1707150085.jpg 

「ラクーッ!!」


落石注意の声が周囲から上がる。大雪渓はこういうのがままあるようなので注意が必要だそうです。

落石のあった沢。休憩は、石の転がっていない雪渓中央側で取るのがよろしいかと。
sirouma1707150086.jpg 

岩壁が冒険心を刺激します。
sirouma1707150096.jpg 

大雪渓もあと少し!
sirouma1707150098.jpg 

ここで大雪渓終わり~。雪渓歩きは休憩込み1時間40分でした。
sirouma1707150100.jpg 

水分補給ね、水分補給。
sirouma1707150102.jpg 

ソルティライチ全部飲んじゃったんで、家から持ってきたプラティパス(2.5L)を。
sirouma1707150104.jpg(シャキーン!) 

プラティパスは登山用の水筒で、夏はこれを凍らせて山に持って行きます。すると、山でキンキンに冷えた水を飲むことができてサイコーです。飲んだ分は体積も減るのでかさばりません。




上の小雪渓までしばし急登。
sirouma1707150114.jpg 

黄色いミヤマキンポウゲは今回の山歩きでもそこら中に咲いていました。
sirouma1707150108.jpg


そそり立つ岩壁と雪渓。アルペンムード満点。
sirouma1707150113.jpg 

ん? なんですかこの、大ぶりなパックリと口を開けたような花は。初めて見ました、ミヤマオダマキだそうです。
sirouma1707150110.jpg 

これは知ってましたイワオウギ。
sirouma1707150116.jpg 

ガスが出てきました。
sirouma1707150118.jpg 

小雪渓に到着。ここでまたアイゼンを装着。
sirouma1707150121.jpg 

この見える範囲の斜面を横切るだけで小雪渓は終わりなんで、アイゼンはいらないと言えばいらないかもしれないけれど、つい最近もここで滑落事故があったそうなのでやはり注意は必要。
sirouma1707150122.jpg 

小雪渓が終わってやや上がると避難小屋。雪渓の向こうに見える山がとんがってカッコイイ。
sirouma1707150127.jpg 

避難小屋を過ぎたら稜線まであと少し! 白馬岳頂上宿舎が見えてきました。
sirouma1707150135.jpg 

白馬岳頂上宿舎周辺はお花畑。既出のものは割愛。

ミヤマガラシ。
sirouma1707150138.jpg 

ウルップソウ。
sirouma1707150139.jpg 

ちょっと散っちゃったミヤマシオガマ。
sirouma1707150140.jpg 

白馬岳頂上宿舎に到着です。ここには泊まらないので通過。
sirouma1707150146.jpg 

稜線に出ました。正面の山は旭岳。
sirouma1707150148.jpg 

右に曲がってもう少しで本日の宿、白馬山荘です。左上のとんがったのが白馬岳山頂。手前の建物が白馬山荘。今日のお宿はこちら。
sirouma1707150149.jpg 

旭岳とお花畑。写真じゃわからないけど、すごいお花畑が広がってます。
sirouma1707150155.jpg 

オヤマノエンドウ
sirouma1707150153.jpg 

ウルップ3兄弟が山荘手前でお出迎え。
sirouma1707150156.jpg( いらっ  しゃい  ませ♪ ) 


そして白馬山荘に到着~。猿倉荘から休憩込み5時間20分でした。
sirouma1707150159.jpg 

では受付を。
sirouma1707150197.jpg 

予約はしていませんでした。1泊2食と翌日の弁当を注文。夕食は5時から、朝食も5時からでした。到着の遅い人は食事の時間も少し後ずれするみたい。


本日の部屋はこちら。大部屋ですね。
sirouma1707150163.jpg 

私の寝床は右側の奥の、左から2番目。あまり広くはないですね。ただ、結局この後私の右側2つは夜になっても人が来なかったんで、楽々使わせてもらいました。
sirouma1707150164.jpg 
左端の寝床のお兄さんとは、この翌日同ルートをたどることに。


荷物を置いて、身軽になって白馬岳の山頂に行ってみます。

小屋の前にある県境の標識。「県境」って好きです♪
sirouma1707150165.jpg 

山頂は間近。15分くらい。
sirouma1707150167.jpg 

歩いて行くと、またまたお花畑が目を楽しませてくれます。写真撮り切れませんが。

ハクサンイチゲとウルップくん。
sirouma1707150168.jpg 

イワウメ。
sirouma1707150188.jpg 

終わりかけのツクモグサ。
sirouma1707150183.jpg 

山頂へ。
sirouma1707150169.jpg 

そして白馬岳の山頂です。
sirouma1707150172.jpg 
猿倉荘が1230mで白馬岳が2932mなんで、今日1日で1700m上がりました。1日では自分史上最高高度差かも。でもこの高度差を大勢の人が上がってくるんだから大したもんです。


山頂から山荘方向。切り立った断崖絶壁。
sirouma1707150173.jpg 



さーて、山荘に戻ってお楽しみのランチね♪
sirouma1707150209.jpg 

せっかくだから、山を眺めながら外のベンチで。

「ビーフカレー&中生@泡モリモリ」です。

泡が盛り上がるのは白馬山荘のサービスか、気圧の低さによるものか。
sirouma1707150192.jpg(「リア充野郎」と言われてもいい。たくましく育っていくから)

奥に見えるのは杓子岳。疲れた体に生ビーが効く。この一瞬のために山登りをやっている、わけではないがそうとも言える。


ビール足りなくておかわり。 だがこれはやり過ぎだった(XX)
こういうのを古来「蛇足」という。 アルコールの摂取はほどほどに。
sirouma1707150202.jpg(もう気分が良くて止まらないんだな)
  

レストラン内に移動して、
sirouma1707150204.jpg 

持ってきた本を読む。小説なんて読むのは久しぶり。
sirouma1707150205.jpg 

酒を飲み過ぎたせいか高山病か、やや頭が痛い(自業自得ですな)。晩飯まで布団で休憩。


食事の時間が近くなり、外に出てみる。ガスが晴れ、左手前の杓子岳(しゃくしだけ)と奥の鑓ヶ岳(やりがたけ)が眼前に。 (クリックで拡大↓)
DSC04110.jpg 

この山の稜線を見ると、せっかくここまで来たのだからと、歩いてみたい気持ちがふつふつと湧き上がって来た。予定では明日、大雪渓を下りるつもりだったのだが。まだ休みは2日あるし、この山を越えた向こう側の白馬鑓温泉でもう1泊して猿倉に下ることも可能だ。

しかし、カミさんには1泊の予定と言ってきてある。カミさんにもう1泊してよいか許しを請おうとスマホで電話をかけるが、山荘のあちこちどこに行っても電波が弱かったり圏外だったりでつながらない(私はau。つながっていたケータイもあった)。さすがに1泊の予定で出かけているのに黙って2泊というのは気が引ける。


そして5時です。食堂へ。

白馬山荘の晩御飯です。おかずは味付けがしっかりしていてご飯が進みます。汗もかくし、ちょっと濃い目でちょうどいいのかも。エリンギの乗ったハンバーグのオニオンソースが甘酸っぱくて美味しかった。ごちそうさんでした。
sirouma1707150212.jpg 

食事を終えて食堂前の談話室で本を読んでいると、


「あ! 剱だ!!」


と叫ぶ女性の声が。


ガスが晴れて、剱岳(つるぎだけ)がその雄姿を現わしました。右奥のとがった山です。

(クリックで拡大↓)
DSC04106.jpg 
 
手前の丸山の頂上に、剱を眺める登山者1人。
sirouma1707150214.jpg 

先に「剱だ!」と言った女性は、


「日本で一番難しい山よ」


とも言った。


難しさの基準もいろいろあるだろうが、一般登山者が特別な装備なし(ヘルメット程度)で行ける山としては、確かにそうかもしれない。


さて、もう疲れたし早いけど休みます。


ところで、夏の北アルプスとか人気の山小屋の大部屋では、かならずイビキおじさん(おばさんの場合も)がいます。この日も近くにうるさいおじさんが1人いました。


そんなイビキで眠れないことのないように、私は必ず耳栓を持っていきます。これでうるさい夜も安心です♪  楽天:耳栓


前夜の寝不足、体力的な疲れ、空気の薄さ、ビールの飲みすぎ(?)などから来るやや頭の重さはあったものの、酷い頭痛や吐き気といった高山病にはならずに済みました。やはり休憩と水分補給をたっぷり取ったのが良かったのかなと思いました。


結局カミさんにはケータイが通じなかったものの、(それならロングコースになるけど、1日で杓子と鑓を経由して下りればよいのではないか?)と思いつき、明日の天候を見てから決めることにしました。

2日目に続きます。

私の失敗と経験がたっぷりと詰まった、夏の山小屋泊まり山歩きの解説ページはこちらっ!




B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2254. お疲れ様です!

夏山最高でしたね!
あれだけの登山者なのに宿泊では両隣がいないってやはり日ごろの行いでしょうか~。
 去年新潟県最高峰の小蓮華山目指して蓮華温泉から白馬大池山荘(天幕)~白馬ピストンを思い出しました。
やっぱり白馬のレストラン最高ですね!
2日目楽しみにしています。
 うちは月末に天幕で唐松岳、8月は開山1300年の白山予定です。
  • 2017-07-18 08:03
  • わたぞ~
  • URL
  • 編集

2255. 

相変わらずの健脚ですね。

こちらも出撃したいのですが大雨の影響がどれ位か判らず悶々としています。
  • 2017-07-18 14:01
  • ばず山
  • URL
  • 編集

2256. Re: お疲れ様です!

わたぞ~さんこんばんは~

寝床に余裕があったのは、決して私の行いがいいからではなく、まだシーズン初めだからですね。800人収容のところ、この日は400人ほどだったそうで、それなら余裕もあるでしょうねという感じでした。2日目は日頃の行いの悪さに祟られますので乞うご期待です。

それから、蓮華温泉から大池テン泊で白馬でしたか、それだけでもう大体レベルがわかります(笑)白馬山荘のレストランは立派でしたね。あの標高であの設備は北アルプス随一でしょう。

唐松岳は八方尾根からピストンでしょうか。テントも興味はありますが、もう体力的にきついですね。でもやったらハマったりして。ファミリーキャンプはさんざんやったのでテントに泊まるのは抵抗ないのですが。

白山もいい山なんだそうですねぇ。私は五泉の白山にでもトレーニングに行ってこようかと思っています。

2257. Re: タイトルなし

ばず山さんこんばんは~

いえいえ、健脚どころか2日目は馬脚を現しますので乞うご期待です。

雨はすごかったですねえ。でもばず山さんはきっと、濁りの影響のないところで釣られるのでしょうねえ。

2262. 

おはようございます、B・Yさん!

なんと、これもB型の血のなせる業なのか…私も入れ替わりで白馬岳へ行ってきましたi-183
これ以上書くとネタバレになるので、書けませんが、ほぼほぼ同時期に同じ山へ登るとは…これはやはり力を合わせて、秘めたるB型の同志を集めよということなのでしょうか?(笑)

私も頑張ってアップするぞ~!
  • 2017-07-23 08:40
  • URL
  • 編集

2263. Re: タイトルなし

悠さんおはようございます!

そうでしたか~。とすると、天気はどうだったですかね?あんまり良くはなかったはずですが!?しかし、見事に同じ発想でしたねぇ(類はB型を呼ぶ)私のを越える荒れた展開があったりして!?

私はもう脚はすっかり回復し、昨日はトレーニング山行に行ってきまして、これからその日記を書こうと思ってたところです。

2266. 海の日(7/17)三連休での北ア山行とは(^-^)/

おぉ!
映画「剱岳・点の記」もう何年前の作品
になるのだっけか(^-^)/

実は5月下旬から渋谷勤務となりまして
…定期券で土日も渋谷辺りで買い物など
可能となりました(苦笑)
海にも山にも行く時間(有休)が取れない
のでWalkingで体力維持してます…電車
ひと区間(原宿・表参道・恵比寿)程度は
歩ける様になりました(汗)
  • 2017-07-23 14:24
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2270. Re: 海の日(7/17)三連休での北ア山行とは(^-^)/

ひろかずさんこんばんは。

海の日に行っていましたが、思うんですけど、海の日って第3月曜日ですけどその頃ってまだ梅雨の末期なことが多いので、第4日曜日にした方がいいじゃないかなって感じるんですよね。

渋谷勤務ですか、うらやましい限りです。田舎は刺激が少ないですのでねぇ。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/917-e4351490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。