浅草岳:ネズモチ平から橅曽根~浅草岳~桜曽根周回ルートは極上の展望なんだな

B型人間の山歩き  

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト


9月4日、浅草岳に登ってきました。


当日の歩いたルートです。
  

朝のネズモチ平駐車場です。とっても広いですね。トイレもあります。
20160904DSC01123.jpg 


6:05、出発です。
20160904DSC01125.jpg 


10分ほど舗装された道を歩くと、ネズモチ平登山口の広場に到着です。
20160904DSC01126.jpg 

小さな子供を連れた親子3人連れがいました。若いお父さんが男の子を背負って登るようです。いい家族ですね。


さて、ここから登山道出発です。橅曽根(ぶなそね)ルートになります。
20160904DSC01127.jpg 


まずは定番の樹林帯歩き。
20160904DSC01129.jpg 


地図には「ぬかるみ多い」とありましたが、今日は比較的道は乾いていました。
20160904DSC01131.jpg 


渡渉です。小さな沢で、問題ありません。渡渉らしい渡渉はここだけでした。
20160904DSC01133.jpg 


歩いている人も少ないようですし、久しぶりに熊よけ鈴を取り出しました(チリーン♪)
20160904DSC01130.jpg 

熊よけには鈴とか、ラジオを鳴らしながら歩くのもいいと言われていますね。おしゃべり好きな方は、しゃべりっ放しで行くのも熊よけにはよろしいかと。

この山行の直前、群馬の山で熊に遭遇した空手家の男性が、熊に噛みつかれるなどして襲われたものの、「目つぶし」攻撃をして難を逃れたんだとか。熊に襲われての正当防衛ですしやむをえないですが、熊も災難でしたな。やはりバッタリ出会わないように、人間の側が音を鳴らして熊に逃げてもらうようにするのがお互いのためなんですよ。


守門岳が見えてきました。しかし、この橅曽根ルートは展望はほとんどありません。
20160904DSC01134.jpg 


急坂の樹林帯が続きます。
20160904DSC01135.jpg 


ブナの木の白い肌は豊かな森を感じさせます。
20160904DSC01138.jpg 


整然とした木の根の階段。
20160904DSC01139.jpg 


ブナの巨木ズドーン!
20160904DSC01140.jpg 


ゴミを落としてはいけませんよ。山に捨てていいのは、ゴミと命以外ならなんでも。
20160904DSC01141.jpg 


急坂が続きます。自分の疲れない程度のペースで登りましょう。
20160904DSC01142.jpg 


森林限界を、
20160904DSC01144.jpg 


そろそろ抜けそうです。急坂もほぼ終わり。
20160904DSC01149.jpg 


今日は晴れて、
20160904DSC01150.jpg 


周囲の山もよく見えます。
20160904DSC01151.jpg 


順光に映し出される高コントラストの風景は鮮烈な印象で、私の好きな絵柄です。
20160904DSC01152.jpg 


上がる標高。手前の登山道と、樹林帯の平原越しに守門岳。
20160904DSC01153.jpg 


稜線が近づいてきました。
20160904DSC01156.jpg 


登る登山者。20160904DSC01158.jpg


オトギリソウ。
20160904DSC01161.jpg 


稜線に出ました。道標があります。ここを左折して浅草岳へ。帰りはここを右に曲がった方向の桜曽根方面に行きます。
20160904DSC01163.jpg 


20160904DSC01170.jpg 


リンドウのつぼみ。
20160904DSC01175.jpg 


樹海の広がる西側。右奥に粟ヶ岳。
20160904DSC01177.jpg 


新潟平野から見る粟ヶ岳はボリューム感があるというか、ずんぐりむっくりした山容に見えることが多いのですが、浅草岳から見る粟ヶ岳はピラミダルでシャープな印象。こちらの方がカッコイイですね。越後駒ヶ岳から見た荒沢岳みたいです。
20160904DSC01181.jpg 


20160904DSC01180.jpg 


20160904DSC01188.jpg 


池塘と守門岳。
20160904DSC01234.jpg 



浅草岳山頂です。駐車場から写真をバシバシ撮りながらでも2時間で上がってきました。
私はここに来るのは2年ぶり2度目。前回は鬼ヶ面山(おにがつらやま)経由で登ってきました(こちら)。
20160904DSC01215.jpg (とんぼが飛んでます)


今日は晴れて最高です。もうね、快晴の山ほど爽快なところってないですよ。
20160904DSC01201.jpg (写真撮りまくりたくなります)

周囲は360度名山だらけの好眺望。こりゃたまらんて。

西方向。歩いてきた登山道が見えます。奥の高いところが前岳。
20160904DSC01216.jpg 

南方向全景。手前右の荒々しい岩壁の山が鬼ヶ面山。前回はあの稜線を歩いて上がってきました。その向こうに毛猛山、その向こうが越後三山です。
20160904DSC01198.jpg 

上写真右側アップ。手前から鬼ヶ面山、毛猛山、越後三山(左から中ノ岳、越後駒ヶ岳、八海山)
20160904DSC01194.jpg 

上写真の左側の山々。
DSC01229asakusa2.jpg 


上写真の更に左。村杉岳の向こうの顕著な双耳峰は、ご存知尾瀬の燧ヶ岳。20160904DSC01199.jpg


南東方向、田子倉湖。
20160904DSC01208.jpg 


東方向、会津の山々。
20160904DSC01212.jpg 


北東方向。一番奥に薄く広がる稜線は飯豊連峰か。その右手前は御神楽岳かな?
20160904DSC01202.jpg 


北方向。形の良い粟ヶ岳が風景を引き締める。20160904DSC01207.jpg


そして北西には守門岳。中越地区から見る平らかな山容とは違い双耳峰のように見えるのは、最高点の袴岳(左)と袴腰(右)という山が見えているから。
20160904DSC01205.jpg


いや~~~、360度、それぞれに趣のある景色の見られる浅草岳、ここは素晴らしい。ホントに素晴らしい。橅曽根コースを上がれば比較的短時間で登れるし、これほど眺めのいい山はこのあたりではないかもしれない。激しくおすすめします。


山頂の祠。結構な大きさのシマヘビが住み着いています(画像は割愛)。脱皮した大きな皮が2つ落ちていました。
20160904DSC01209.jpg 


山専ボトルにぎっちぎちに氷を詰めて持っていくのが最近の定番です。ここにお茶やスポーツドリンクを適宜入れて飲みます。夏山では冷たい飲み物が何よりの贅沢であり快感です。登山用水筒のページはこちら
20160904DSC01210.jpg 


晴れた山! おにぎり! これがささやかな幸せ。 休日くらいは何もかも忘れたい。
20160904DSC01211.jpg (日本人にはやっぱこれがウマいんだな)




ゆっくり休んで下山することに。

少し下ってくると、鬼ヶ面山の大岩壁を見ることのできる左手への分岐があります。
20160904DSC01231.jpg (浅草岳山頂から下ってきたところ。写真左下に写っているのは登山口で会った、男の子を背負っているお父さん。「こっちで鬼ヶ面山の大岩壁が見れますよ」と教えてあげました。見ると、「うわ~すげぇ!」との声が聞こえました)


鬼ヶ面山の大岩壁全景です。20160904DSC01226.jpg


20160904DSC01227.jpg 


20160904DSC01228.jpg 


この大きさの写真だと、あの迫力はまったく伝わりませんが、すごいところです。

この鬼ヶ面山は、田子倉の登山口から登って来ると「鬼ヶ面眺め」というポイントがあるのですが、そこからの眺めはもっと迫力があってすごいです(こちらの日記)。北アルプスで見る風景にまったく引けを取らない大絶景です。


下山して行きます。
20160904DSC01233.jpg 


20160904DSC01249.jpg 


20160904DSC01247.jpg 


稜線の草原。
20160904DSC01250.jpg 


薄緑の草原と、眼下に広がる樹海。
20160904DSC01254.jpg 


20160904DSC01252.jpg 


橅曽根コースとの分岐に戻ってきました。ここをまっすぐ進み、桜曽根コースを行きます。
20160904DSC01255.jpg 


やや行くと左への分岐があり、鬼ヶ面山への道となります。2年前はここから出てきました(こちら)。
20160904DSC01256.jpg 


守門岳もこれまでは見えなかった部分が見えるようになり、一段と雄大な景色が広がります(こりゃええわ~~)
20160904DSC01258.jpg 


快晴の青空の下、会心の稜線歩き。
20160904DSC01260.jpg 


進行方向左側、鬼ヶ面山の下部からガスが上がってきました。
20160904DSC01263.jpg 


きれいな木道が整備されていて歩きやすいです。トンガリ山の嘉平与ボッチが見えてきました。
20160904DSC01264.jpg 


桜曽根を上がってくる登山者。
20160904DSC01267.jpg 


左手の眺望。名山ズラリ。たまりません。
20160904DSC01268.jpg 


木道脇に、あまりにも良さげなベンチがあるので一休みすることに。
20160904DSC01270.jpg 


草も茶色に変わりつつあり、山の上はもう秋を感じさせます。
20160904DSC01271.jpg 


しかしまぁこの素晴らしい眺望。以下望遠ですが。

20160904DSC01277.jpg 



中ノ岳。
20160904DSC01279.jpg 


20160904DSC01280.jpg 


こんなすんばらしい天気で景色も最高なのに、誰もいない。いいようなもったいないような。
20160904DSC01275.jpg 


20160904DSC01281.jpg 


下ってきた道。
20160904DSC01282.jpg 




先に進みます。ポコンと突き出た嘉平与ボッチ。
20160904DSC01287_2016090820462380b.jpg 


ママコナ。
20160904DSC01286.jpg 


快晴の空に向かって続く道は気分よし。
20160904DSC01289.jpg 


嘉平与ボッチに来ました。
20160904DSC01291.jpg 


嘉平与ボッチから守門岳方向の眺め。
20160904DSC01292.jpg 


来た道を振り返る。
20160904DSC01294.jpg 


更にやや下ったところから、守門岳~浅草岳の空間が全部見えるポイント。
いや~~~、この大きさの写真じゃ伝わりませんがドデカイ大樹林帯。
歩いて来なければ味わうことのできない絶景です。
20160904DSC01302.jpg 


タテ写真でも。
20160904DSC01301.jpg 


粟ヶ岳方向も壮大な景観。中央やや下にネズモチ平の駐車場が見えます。
20160904DSC01305.jpg 


駐車場拡大。私の車も見えます。
20160904DSC01306.jpg 


南西方向。右奥に霞む米山刈羽黒姫山。左奥に霞むのは妙高周辺の山か。
20160904DSC01307.jpg 


北方向。一番奥の飯豊連峰までグラデーションのかかる山々。
20160904DSC01309.jpg 



我が故郷の山、守門岳を見ながら下山して行きます。
20160904DSC01310.jpg 


こんな絵が好きなんです。
20160904DSC01312.jpg 


オオカメノキの赤い実と葉と青空と。
20160904DSC01313.jpg 


20160904DSC01315.jpg 


晴れた日の稜線歩きがやっぱり山歩きの醍醐味。
20160904DSC01318.jpg 


ブナの木の林になってきました。
20160904DSC01329.jpg


これはブナベニタケなのかなぁと。食用には向かないそうです。
20160904DSC01321.jpg 


これはブナシメジ?だとすると美味しいキノコだとか。
20160904DSC01323.jpg 


20160904DSC01325.jpg 


これは形の良いキノコですがわかりません。キノコには素人は手を出さないのが無難ですね。
20160904DSC01328.jpg 


ブナの白い木肌は青い空に映えます。きれいだなぁ。
20160904DSC01331.jpg 


右に広がる大樹海。
20160904DSC01332.jpg 


立ち枯れた木は天然の造形美。
20160904DSC01333.jpg 


やっぱりブナの木の森はええなあ。
20160904DSC01335.jpg 


浅草の鐘まで下りて来ました。「祝 皇太子御成婚記念」で設置された模様(カーン♪)
20160904DSC01336.jpg 


そしてここからすぐに桜ゾネ広場でに出ます。
20160904DSC01337.jpg 


ここからは車道歩きです。
20160904DSC01341.jpg 


結構な水量の沢が車道を横切っていたりします。
20160904DSC01342.jpg 


守門岳もちょっと近づきました。
20160904DSC01343.jpg 


20160904DSC01344.jpg 


20160904DSC01346.jpg 


そして浅草岳山頂から休憩込み、写真撮りまくりで2時間半で下りて来ました。
20160904DSC01347.jpg 


今日は歩行時間は4時間半程度でしたが、このところ調子の悪かった右ひざはなんともありませんでした。少しは鍛えられたか。
20160904DSC01339.jpg 


天気が良かったもんだから、もう写真撮りまくりでした。ぜひ晴れた日にこのルートに行ってみてください。浅草岳山頂~桜曽根の稜線の景色の良さは私が保証します。実際の光景はネットの画像よりずっとずっと素晴らしいもんです。

たまにこういう日に当たるから、山歩きはやめられないんだよな~




B型人間の山歩き


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン


関連記事

コメント

2032. 今月中に

今月中に浅草岳に行きたいなぁーって計画していたけど
先週体調を崩して体力的に少し心配に・・・
綺麗な景色が見れて良かったね!!
  • 2016-10-02 17:27
  • URL
  • 編集

2036. Re: 今月中に

悟さん、この日のルートなら体力的にもそんなにキツくないと思いますので、ぜひ晴れた日に行ってみてください。

今日も天気が良かったですし、山に行けたらよかったのですが先週から3週連続で仕事がらみのゴルフが入ってまして、山に行く余裕がありません(と言いつつも先週は登山とゴルフを土日でこなしましたが)。3連休の中日の日曜にゴルフ大会ってやめてほしいよな~~。悟さんはお休みは忙しいのでしょうが、いつか日が合えばどっか行きましょう!

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/881-515cf65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

検索フォーム

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。