槍ヶ岳に登る夏の山旅(4日目)〜ヒュッテ西岳から槍ヶ岳山荘へ

B型人間の山歩き  

夏の山小屋泊まり山歩きの服装・装備と注意事項


2016年8月17日~21日、4泊5日で槍ヶ岳に登ってきました。

4日目の日記です。 (1日目2日目3日目5日目



8月20日です。

今回の山行の地図です。
   

朝起きて小屋の外に出てみると、明け方の空に星がまたたいています☆ ということは?



・・・・・



ぬおおおおおお~~~!!



20160817545DSC00698.jpg 


Λ 槍キターーーーー(゚∀゚)ーーーーー!!


昨日は朝方だけしか見れなかっただけに、だい近くなりました。


朝食いただきまーす。
20160817545DSC00697_20160825201032b94.jpg 

昨日足に巻いたテーピングは、下山するまで巻いておくことにしました。
20160817545DSC00703.jpg 

その上からサポートタイツを履き、さらに昨日オバサマにもらった包帯を巻きつけて固定しました。あんまりひざは曲がりませんが、普通に歩けます。
20160817545DSC00733.jpg 


小屋の裏に回ってみます。
20160817545DSC00723.jpg 

20160817545DSC00722.jpg 


西に槍ヶ岳ドーーーン! 左側の稜線(東鎌尾根)をたどって行きます。
20160817700DSC00730.jpg 

南方向の眺め。左のピークが前穂高岳、右のピークが北穂高岳、その間が奥穂高岳。2005年に3つとも歩きました(こちら
20160817545DSC00711.jpg 

北穂と奥穂。
20160817545DSC00718.jpg 

北穂拡大!
20160817545DSC00727.jpg 
 
北穂高小屋、すんごいところに建ってます。まるでチベットのポタラ宮みたいだな。


20160817545DSC00710.jpg 
北穂と右側の南岳の間が難所の大キレット。いつか挑戦してみたい。 

よっしゃ~~~、今日は天気も持つんじゃないの? 
20160817545DSC00739 (1) 
 
本日は槍ヶ岳のふもとの槍ヶ岳山荘まで4時間、槍ヶ岳アタック1時間の5時間の行動予定です。

ヒュッテ西岳、お世話になりました。やっぱり1人はぐっすり眠れた。6:13出発。
20160817545DSC00704.jpg (4人組オバサマの1人)





しばらく行くと、ハシゴ登場。このあたりのは高度感もなく楽勝。
20160817545DSC00744.jpg (先行する4人組オバサマ)


4人組オバサマに追いついたので、先に行かせてもらうことに。


「気をつけて行きなよ!」


と、リーダー格のオバサマに声をかけてもらいました。

オバサマ方は今日は南岳小屋へ行って、明日大キレットを越えるとのことでした。


今度は5人ツアーに追いついて、こちらも先に行かせてもらいました。
20160817545DSC00756.jpg 

そして先に進んで槍ヶ岳の眺めのいいところで写真を撮りまくって、また歩き始めました。
20160817545DSC00750.jpg 

20160817545DSC00752.jpg 

すると、道がなんか変です。

道を遮るように細い松の木の枝が何本も邪魔しています。なんでこんな道なんだ?

すると、5人ツアーが後から来て、ガイドの男性が「そっちじゃないよ」と教えてくれました。

道なりに歩けば誰だってここに行くような道なのですがそうではなく、岩場の裏へ回り込むような道が正しい道なのです。これはわからんて。表示とかもないし。ガイドの方も「あそこは間違いやすいんですよ」とおっしゃっていました。
20160817545DSC00755.jpg (また5人ツアーに先に行ってもらいました)

ママコナ。
20160817545DSC00757.jpg 

お~~、槍ヶ岳直下の槍ヶ岳山荘に、
20160817545DSC00728.jpg 

ヘリがなんか運んできました(プパパパパパ♪)
20160817545DSC00761.jpg 

槍ヶ岳と北鎌尾根。
20160817545DSC00771.jpg 

槍ヶ岳の右側に伸びる北鎌尾根。ゴジラの背中のような、槍ヶ岳に至る最難ルート。
20160817545DSC00765.jpg 

槍ヶ岳の左側の山稜。右側のポコンとしたのが中岳。そこから左側に伸びる山稜の高いところが南岳。
20160817545DSC00766.jpg 

歩いて。
20160817545DSC00772.jpg 

紺碧の空を背景にした岩場は冒険心がくすぐられる。
20160817545DSC00774.jpg 

右側、高瀬ダムの奥にそびえる尖った形のいい山は針ノ木岳。
20160817545DSC00775.jpg 

青空に向かって、
20160817545DSC00777.jpg 

歩む道。
20160817545DSC00778.jpg 

槍へと続く道。
20160817545DSC00780.jpg 

槍の後ろに雲が出てきましたね。
20160817545DSC00786.jpg 

左手の槍沢。上高地へと続きます。
20160817545DSC00792.jpg 

岩場もあるけど、難しくはありません。
20160817545DSC00798.jpg 

ガレた尾根を下る登山者。
20160817545DSC00799.jpg 

上写真のところを登って行きます。
20160817545DSC00801.jpg 

木の階段が出てきました。
20160817545DSC00804.jpg 

木の階段を上がって槍に近づく道。
20160817545DSC00808.jpg 

右下に登山者がいますが、理由があります。
20160817545DSC00810 (1) 

そのわけは・・・
20160817545DSC00815.jpg 

このハシゴ。ここを上り下りする人の通過待ちが発生するのです。
20160817545DSC00816.jpg 


しかし、、、、、


え? これ、絶対危ないだろ? 落ちたらOUTだろ?
かなーり高度感あるけど(大汗;) なんじゃこりゃ?


私も山は結構歩き慣れてるけど、こんな高低差のある長いハシゴは滅多にあるもんじゃありません。

谷の向こうにいる人たちは、こちらが通過するのを待っている人たちだったのです。
20160817545DSC00817.jpg 

もう怖くてたまらないので、下は見ずに目の前のハシゴをしっかりとつかんで一段一段確実に、さっさと下りました(あー怖かった)

ハシゴを下りてやや歩いたところから見たハシゴ。万が一ズッコケて落ちると、両側が切れ落ちているので更に落ちることになります。やだな~、ここ。山の上にいるのは5人ツアーのガイドの方。
20160817700DSC00820.jpg 

今回の山行で一番怖かったのがこのハシゴ。

そしてすぐに、今回の山行で2番目にイヤだったハシゴが登場。
20160817700DSC00827.jpg 

たいしたことなさそうに見えるかもしれませんが、ハシゴの下が切れ落ちて崖になっているのです。高度感があります。ここも緊張感を強いられるところでした。

槍ヶ岳の山頂に至るハシゴはこの2つよりは怖くはなかったですが、槍ヶ岳山頂直下のハシゴがその次くらいの怖さだったでしょうか。





2番目に怖いハシゴを登ってやや行ったところから見た北穂高岳。山頂には北穂高小屋が見えます。
20160817545DSC00822.jpg 

このあたりから見た北穂高岳は、まるで宮崎駿のアニメに出て来そうな絵柄で素晴らしい。こんなところが日本にあったなんて。
 
槍も間近になってきました。が、槍がターバンを巻き始めました。
20160817545DSC00826.jpg 
 

20160817545DSC00831.jpg 


20160817545DSC00834.jpg 

ミヤマダイコンソウ。
20160817545DSC00837.jpg 

ヨツバシオガマ。
20160817545DSC00839.jpg 

そうそう、この日もテーピングのおかげで右ひざは痛みを感じることもなく、問題なく歩けています。ホントに助かります。
20160817545DSC00840.jpg (Bは「テーピング」を覚えた! レベルが1上がった!

イワギキョウ。
20160817545DSC00845.jpg 

こんなところも歩いて。
20160817545DSC00846.jpg 

あ~、槍が・・・
20160817545DSC00848.jpg 

きれいに整備された石段。造ってくれた方がいるんですよね。頭が下がります。
20160817545DSC00849.jpg 

槍よ、俺が行くまで隠れんでいてくれ。
20160817545DSC00850.jpg 

西岳に向かう方。
20160817545DSC00853.jpg 

ヒュッテ大槍に到着です。
20160817545DSC00854.jpg 


20160817545DSC00856.jpg 

ここで男女のペアが休憩していました。スリングとカラビナ装備の、いかにも山慣れている感じの2人です。

聞いたところ、西穂山荘からジャン(ダルム)を越えて来たと。やっぱりな、という感じ。カッコイイお2人でした。

さて、槍ヶ岳山荘まではあと1時間弱のはず。
20160817545DSC00857.jpg 

ヒュッテ大槍から先は、道が二手に分かれます。
20160817545DSC00858.jpg 

稜線を行けば槍ヶ岳山荘に直登。殺生ヒュッテ経由でも行けますが、コースタイムで5分ほど余計にかかるようです。ど・ち・ら・に・し・よ・お・か・な~~


やはり殺生ヒュッテを見てみたいので、殺生方面に行くことに。
20160817545DSC00859.jpg 

この斜面をトラバースしていきます。
20160817545DSC00860.jpg 


20160817545DSC00861.jpg 

たぶんミヤマアキノキリンソウ。
20160817545DSC00863.jpg 

ミヤマコウゾリナのつぼみかと。
20160817545DSC00865.jpg 


20160817545DSC00867.jpg 


20160817545DSC00868.jpg 

振り返る。荒々しい岩稜帯。
20160817545DSC00869.jpg 

殺生ヒュッテが見えてきました。
20160817545DSC00871.jpg 

かすむ槍。ラピュタのよう。
20160817545DSC00872.jpg 

殺生ヒュッテ、到着です。
20160817545DSC00874.jpg 





しかし、ここで雨が本格的に降ってきました。

雨具を着ます。
20160817545DSC00875.jpg 

←槍本流へ。
20160817545DSC00876.jpg 

雨降りガスガス。
20160817545DSC00877.jpg 


20160817545DSC00878.jpg 

もう周囲は見えません。
20160817545DSC00879.jpg 


20160817545DSC00880.jpg 


20160817545DSC00883.jpg 

ガレ場を登る。
20160817545DSC00884.jpg 


20160817545DSC00886.jpg 

あと200m。
20160817545DSC00888.jpg 


20160817545DSC00890.jpg 

しかしすごいね~、雨具。風雨の中でも安心感。まさに着るシェルター。これがなかったら大変なことになります。山には登山用のしっかりしたものが必要です。
20160817545DSC00892.jpg 

もうちょっと。
20160817545DSC00894.jpg 

10:35、槍ヶ岳山荘に着きました。ヒュッテ西岳から4時間20分ほどでした。
問題だった右ひざも、テーピングのおかげでまったく痛まずここまで来れました。
20160817545DSC00895.jpg 
しかし、目の前にあるはずの槍ヶ岳の穂先は霧の中。今日登る予定でいるのですが。

受付を済ませ、
20160817545DSC00904.jpg 

今夜の寝床へ。
20160817545DSC00896.jpg 

蚕棚下段の奥が私の場所です。
20160817545DSC00897.jpg 

まだ11時くらいですが、外は雨。槍も見えませんので、昼飯にすることにします。山に来てから麺類を食べてなかったのでラーメンを。これが実にうまかった。まさかこんなところでまともなラーメンを食べられるとは。
20160817545DSC00899.jpg 

ラーメンを食べていると、ヒュッテ西岳で一緒だった60代&30代の親子が同じテーブルに後から来られました。なんとこの雨の中、穂先に行って来たとのこと。下りの途中から雨になったらしいが、周りは何も見えなかったとか。しかしこの雨の中、私としてはもう穂先に登る気はおきません。

槍ヶ岳山荘にあったパソコンでネットの槍ヶ岳の天気予報を見ると、明日の朝のうちは天気が良さそうなので、明日に賭けることにします。

午後は休憩所で本を読んだりテレビを見たり(リオオリンピックの男子陸上400mリレーで銀メダルを取ったニュースには感動した)。こういうところで登山者の方と山の話をあれこれするのが山小屋の楽しみでもあります。
20160817545DSC00901.jpg 

そして、お菓子でも買おうとラーメンを食べた食堂にまた行くと、5人ツアーの男性ガイドの方がおられました。そしてそしてなんと、

この雨ガスの中、オバサマ4人を連れて槍に登ってきたとのこと(マヂですか?)

やはり濡れているとハシゴとか岩が滑って気を使うとおっしゃっていました(そりゃそうですわな)。しかしこんな中よく行くな~~~(汗;) でも、他に誰もいなくて楽々できたと。

確かに明日の朝登るとなると、槍に登る人で渋滞するらしいのです。地図のコースタイムは往復1時間となっていますが、最盛期となると2~3時間かかることもあるとか。明日は山のふもとの帰りのバスの時間が13:45なのでそれまでに下りなければならないので、時間との戦いです。

夕食の時間でーす。
20160817545DSC00902.jpg 

最後の晩餐。ハンバーグでした。このテーブルで一緒になった夫婦も槍に行って来たとか。結局私が槍ヶ岳山荘に着いてから雨が止むことはなかったのですが、皆さんようやるわ。
20160817545DSC00903.jpg 

今夜の寝床は蚕棚の下に3人で寝ることに。隣のおじさんが大柄で、やや狭めでしたが寝ることはできました。
20160817545DSC00905.jpg 

槍ヶ岳山荘はさすがに人気の山小屋で、大いに賑わっていました。中も広くて、まるで迷路のよう。あちこちうろついて、目立たぬところにあるトイレを見つけておいたのは、翌朝役に立ちました。

さて、明朝は予報通り晴れてくれるかな?

5日目、最終日に続きます。 1日目2日目3日目


関連記事

コメント

1996. 60代&30代親子の子供です!

ブログ中の『60代&30代親子』(実は、双方ともに、もう少し年上)の子供の方です。
西岳ヒュッテや槍ヶ岳山荘では、色々なお話、ありがとうございました。
膝が大変な状態で、縦走してはったんですね。
その後は、如何でしょうか。
私の初めての槍ヶ岳はガスの中でしたがとても感慨深く、このブログで再チャレンジの思いを一層強くしました!
5日目のブログも、楽しみにしています。
  • 2016-08-28 07:12
  • 孤円
  • URL
  • 編集

1997. Re: 60代&30代親子の子供です!

孤円さんおはようございます! なんでこの日記を見つけられたのですか!? よかったら教えていただけませんでしょうか。

お歳はもう少し上でしたか。いやいや、お若く見えましたよ(笑)おかげさまでひざはその後痛むことなく無事下山できました。

私が登った時は槍の穂先は晴れていて、360度の大展望でした。また機会がありましたら是非挑戦してください!

なにはともあれ、まさかの投稿ありがとうございました(笑)

2001. 槍ヶ岳ラーメン⁉︎(^。^)

おー、インスタントでない奴を食せましたか!
(笑)
お味は豚骨系でなく新潟しょうゆ系ですかね?

今年、新潟駅まで行った際に「ラーメンみなみ」へ
寄りました。小腹が空いていて得々セット(半炒飯付)
を食べてしまひました(苦笑)
  • 2016-08-28 16:35
  • DDHひろかず
  • URL
  • 編集

2002. Re: 槍ヶ岳ラーメン⁉︎(^。^)

DDHひろかずさん、あれはマジでうまかったですね。オーソドックスな醤油ラーメンですが、それがまた疲れた体には沁みました。 ぜひ食べに行ってみてください(笑)

2003. Re:Re: 60代&30代親子の子供です!

B.Y様

実は山をヤっている先輩に、教えてもらったのです(^-^)

自分達はあまり写真を撮っていなかったので、この日記を自分達のように思い返しながら、読ませて頂きました。ありがとうございました。

また楽しい日記を、心待ちにしています。
  • 2016-08-28 17:53
  • 孤円
  • URL
  • 編集

2005. Re: Re:Re: 60代&30代親子の子供です!

孤円さんこんばんは。

そうだったのですね。それにしても、私も長いことブログをやっていますが、初対面の方から思いがけずお返事を投稿いただくのはたぶん初めてなのです。驚きとともに、うれしかったです(笑)

同じルートだったと思いますので、いつでも景色を思い返してご覧いただければと思います。投稿本当にありがとうございました(^^)

2013. 

さらに続けてこんにちは、B・Yさん!
ヒュッテ西岳から途中まで、青空の元槍に向かう一歩一歩、最っ高にウキウキワクワクの道のりだったことでしょうね!
読んでいて私も、ワクワクしました(^^

でも途中の梯子…ビビりの私にとって、槍に挑戦するということは、梯子の恐怖を乗り越えなくてはならないということ。
実は栃木の低山で、岩と梯子ががっつりある山があるのですが、その梯子が怖くて行くのを躊躇っています(^^;
槍に行く前に、まずそちらを挑戦してきますe-330
本当にいつまでたっても、初心者のまんま…ガイドさんとの挑戦も視野に入れつつ、でも自分で頑張ってもみたいので、まずは恐怖心の克服かな(^^;
  • 2016-09-04 17:37
  • URL
  • 編集

2018. Re: タイトルなし

悠さんこんばんは!!!

ブログでは限られた(一応厳選した)写真しか載せられませんが、もう槍の写真撮りまくりでした。おんなじようなのばっかですが(笑)

この日の日記にも書きましたが、今回のルートのハシゴで一番長くていやらしかったのが、西岳~槍の途中のヤツです。槍ヶ岳の穂先のハシゴは、山頂直下のがちょっと長いですが、まあ誰でも登っているのでハシゴだけ見て登れば大丈夫です(笑)

栃木の岩とハシゴががっつりある山ってどこでしょうね?気になります。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/878-c3bde986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

検索フォーム

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。