晩秋の谷川岳~ロープウェイ&リフトの天神尾根

B型人間の山歩き


11/16(月)、谷川岳に行ってきました。



このところ左ヒザの調子が悪く、コンドロイチン&グルコサミン(←私が飲んでいるモノ。おすすめです)を飲んでなんとかしのいでいました。


そんななか、山登りに行きたい気持ちがずっと胸の中でグツグツしていました。


そして、ヒザもあんまり良くないことだし、2時間くらいで登れるいい山がないかな~と探していたところ、谷川岳をロープウェイを使って登れば2時間半くらいで登れるらしいことを発見。まだ雪もないようなので行ってみることにしました。


朝の水上ICを降りてすぐのところから谷川岳の双耳峰がよく見えました。今日はいい日になりそ♪

DSC08838tng.jpg
(中央やや右の山が谷川岳)


ロープウェイの立体駐車場に車を停めて、8時発のロープウェイに向かいます。土日祝日は7時かららしいのですが、今日は月曜なので1時間遅れです。

DSC08839tng.jpg


人も少なく、朝一番のロープウェイに乗ることができました。ロープウェイというより、こりゃスキー場のゴンドラだな。でも十数人乗れてデカイ。

DSC08841tng.jpg


10分で山の上へ。

ここから歩きはじめることもできますが、リフトでもうちょっと上がることもできます。

DSC08844tng.jpg


なんたってヒザに爆弾を抱えてますからね。

(だったら山登りなんか行かない方が?)


DSC08849tng.jpg
(リフトなんぞに頼りたくないのだが、ヒザの負担軽減のため渋々リフトに乗る)


リフトで天神山の上に到着~~。 本来ならリフトなんぞに乗りたくはなかったのだが (ほんとにか?)


リフト駅の上が展望台になっていたので上がってみました。


目の前に谷川岳ド~ン!

DSC083437tng.jpg


木々はすでにすっかり葉を落として紅葉は終わり、白い木肌が見えますね。



それでは出発~。天神尾根を歩いて行きますが、ここからはしばらく下りになります。


しかし、


(XX;)ん~~~


歩き始めると、やはり左ヒザに違和感がある。こんなんで大丈夫なんだろうか?


右に白毛門、笠ヶ岳、朝日岳の、カッコイイ山容。

DSC08856tng.jpg

あそこも登ってみたいですし、あっちから見た谷川岳の大岩壁もすごいのでしょうね。


谷川岳を正面に見つつ歩きます。ところがだ。

DSC08859tng.jpg


(あれ? メモ帳がないぞ?)

DSC08872tng.jpg
ウエストポーチに入れたメモ帳がない)


歩き初めて5分ほど経ったところでメモをしようとしたときに、メモ帳がないことに気づきました。リフトのところで出発時刻をメモったので、ついさっきまではあったはずなのです。


私は山歩きの時はいつもウエストポーチにペンとメモ帳を入れていて、気づいたことや時間などをメモっています。


( ̄~ ̄;) う~ん、仕方ない。どこかで落としたのだろう。まだ歩き始めたばかりだし、探しに戻ることにしました。


ところが、リフト降り場まで戻ってしまいましたがメモ帳は見つかりませんでした。


ん~~~; まぁメモ帳がなくてもスマホにメモる手もあるからいいと言えばいいのだが、、、


おかしいな~~と、体のあちこちを探ってみると、、、



あ”



ズボンの左ポケットに入ってました。

(10分程度のロスで済んだことをありがたいと思うことにしよう)



すったもんだしているうちにヒザもなじんできたのか、気にならなくなりました。


41REl0R7aJL.jpg
ウエストポーチ


ナナカマドの実があちこちに。

DSC08861tng.jpg


葉を落とした木々の間から谷川岳。

DSC08865tng.jpg


この標高では、紅葉の盛りはとうに過ぎていました。

DSC08873tng.jpg
(でも、こういう画は好きです)

なかなかいい時期に、いい天気と山に行ける日などがマッチしないもんです。


枯れたアジサイ

DSC08874tng.jpg


展望の開けたところから、冬支度の済んだ木々と谷川岳。

DSC08877tng.jpg


右手に朝日岳。

DSC08878tng.jpg


クサリ場が現れました。右側が灌木の生えた急斜面になっています。

DSC08880tng.jpg


山を歩き慣れた者にとってはなんでもないところですが、初心者の方などは緊張感があるかもしれません。不安ならクサリをつかんで歩きましょう。


熊穴沢避難小屋に到着です。ここまでは道も比較的平坦で楽勝。

DSC08883tng.jpg


ここからまた谷川岳方面に向かうのですが、二俣に下る「いわお新道」という分岐があります。ただ、いわお新道は現在は難ルートになっているとのことで、上級者以外は立ち入らないことと書かれ、入口にロープが張ってありました。

DSC08885tng.jpg


ところで、家に帰ってからこの日撮った写真を、自宅のテレビで両親を交えて鑑賞会をしました。


すると、オヤジとオフクロは若い頃、夜行列車でやって来て土合駅から西黒尾根を上がって谷川岳に登り、下山にこのいわお新道を使ったことがあるとのこと。


最後はオフクロが歩けなくなってオヤジがおんぶしたと言うのだが、、


「え~~、そんなことないって!(笑)」


とオフクロが反論する。しかし、オヤジはオフクロを指さして「忘れてやがるw」と言ってました。



だがオヤジよ、



ど素人の女子をそのスケジュールとコースで連れまわすとは、

そりゃぁ無理ってもんだろ?




熊穴沢避難小屋からは一転急登になります。


左手に俎嵓(まないたぐら)山稜の、「川棚ノ頭」が見えます。天を突くようなその山容が目を引きますね。

DSC08889tng.jpg


ゴミが落ちていました。

DSC08890tng.jpg

きっと夏場になめたのでしょうね。汗は落としても、ゴミは落とさないように。


急坂の岩場で、ロープが出てきました。

DSC08892tng.jpg


続いてクサリ場も。

DSC08897tng.jpg


このあたりのロープやクサリは、「よろしければどーぞ」的なもので、使わなくても登れるくらいのところでした。もちろん慣れてない方は使うとよいかと思いますが。


私はこのあたりの坂も、トレッキングポールを突きながら乗り越えました。

DSC08895tng.jpg


トレッキングポールは私が山を歩く時には必ず手に持つ「相棒」です。登りではアシストになり、下りでは安定感が増します。私には欠かせないアイテムです。

41Ic88bOF.jpg
トレッキングポール


ひこうき雲とナナカマドと川棚ノ頭。こういう感じが好きです。

DSC094711tng2.jpg


急坂続きで結構キツイです(ハァハァ;)

休憩によさげな岩場があったので一休み。川棚ノ頭(左)~オジカ沢の頭(右)の稜線を眺めながら。

DSC08907tng.jpg
(山で食べるおにぎりのウマさよ)


また登って行くと、あるところで一面の笹原に出ました。

DSC08911tng.jpg


左手の川棚ノ頭~オジカ沢の頭の、俎嵓山稜に目を奪われます。

DSC102626tng.jpg


笹原を歩いて、、、

DSC102631tng.jpg


天神のザンゲ岩です。

DSC08914tng.jpg


そして石の階段を登り詰めると、

DSC08915tng.jpg


肩の小屋に到着です。

DSC08918tng.jpg


肩の小屋の前から万太郎山方向。手前がオジカ沢の頭で、その奥が万太郎山。左の山が川棚ノ頭。右奥にある平らなところが苗場山ですね。苗場山は今年の夏に行きましたが、ものすごくキレイな天上の別世界でした(こちら

DSC08921tng.jpg



肩の小屋は帰りに寄ることにして、山頂を目指します。肩の小屋のあたりから風が強くなりました(びゅおお~~)


DSC08922tng.jpg
(写真じゃよくわかりませんが、右から左にかなり風吹いてます)


ほどなく谷川岳の二つのピークの1つ、トマの耳に到着。

DSC08924tng.jpg


次は隣の最高点、オキの耳へ。奥に一ノ倉岳~茂倉岳の稜線が続いています。

DSC104931tng.jpg


あっという間にオキの耳。

DSC110110tng.jpg


東側の深い谷。谷からものすごい風が吹き上げてきます。写真だと全然わかりませんね。

DSC110354tng.jpg


左がトマの耳。西側のオジカ沢の頭~万太郎山~仙ノ倉山への稜線と続きます。

DSC110441tng.jpg

今年のシルバーウイークあたりに肩の小屋と平標山ノ家の2泊で歩いてみたかったんだけど、日程が合わず行けませんでした。


ふと、遠くに富士山が見えるのに気が付きました。トマの耳の右上の奥にあるのが見えますかね?

DSC08938tng1.png


拡大しちゃお。

DSC08939tng.jpg


富士山はまだ登ったことがありません。どうも富士山に登りたい気分が湧きあがって来ないのです。「景色が単調だろうな~」というイメージがあって。他に行ってみたいところはそれこそ山ほどあるので。


いや~しかし、東側の切り立った断崖から風が ビュ~ビュ~ 吹き上げてきます。さすが上越国境という感じ。


長袖Tシャツに半袖シャツを重ねて着ていますが、
もう寒いですね(XX)



というわけでジャケットを着ましょう。

DSC08954tng.jpg
(私の、ノースフェイスのソフトシェルジャケット


着てしまえば、、、






attakai1.png
(来るか?流行語大賞!?)




ジャケット1枚でまったく違います。

雨具の上着でもいいですね。薄手のダウンジャケットも持って行きましたが、さすがにそこまでは必要ありませんでした。


とてもじゃないがこんなところでゆっくり休憩はできないので、肩の小屋へ行くことに。

DSC08941tng.jpg


やって来ました、谷川岳肩の小屋です。

DSC08920tng.jpg


中に入ると、すでに今シーズンの営業は終了されていました。

DSC08942tng.jpg


それでも避難小屋としてはまだ開放されていたので、ここで休ませてもらうことに。あの風をしのげるんだから有難いことです。

DSC08943tng.jpg


DSC08946tng.jpg


ランチはセブンイレブンのちゃんぽんとおにぎりね。あったかいもんがウマい季節になりました。

DSC08947tng.jpg


ヤマノススメはこんなところにも進出。

DSC08948tng.jpg


あとからどんどん登山者がやって来ました。こんな晩秋の平日でも人がやってくる、さすがの日本百名山でした。


ゆっくり休んで下山です。最近は以前より下るのが早くなりました。

DSC08952tng.jpg


スタコラサッサと歩いて、天神山のリフト乗り場との分岐に来ました。

ここからリフト乗り場へは登り返しになってしまうので、リフトは必要ないですね。というか、天神山のリフトは上がっても結局結構下るので、あんまり意味なかったかな。

DSC08957tng.jpg


ここからちょっと歩くと、谷川岳がよく見えるところがありました。


DSC125901tng.jpg


ほどなく天神平のロープウェイ乗り場に到着です。登山ではない観光客の方も多かったですね。

DSC08963tng.jpg


谷川岳の天神平は初めて来ました。もうすぐ雪が降って、スキー・スノボシーズンになりますね。

雪が降る前に歩けて、天気も良かったしいい休日でした。


B型人間の山歩き



B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン


関連記事

コメント

1810. 谷川岳・天神平…

あら、確か「天神平スキー場」といえば関越道
エリアでは最速でゲレンデOpen、のイメージ
ですけど今シーズンは、まだ11月下旬では
<積雪 0cm>
だったでしょうか。。

この連休中は(軍港のある)横須賀市の10km
マラソン大会へ行って参りましたが…来年の
「東京マラソン2016 抽選は落選…」
でモチベーションが低下してる所為か、去年
よりも遅いGoalタイムでしたね(苦笑)

1811. Re: 谷川岳・天神平…

hirokazuさんこんばんは。

そうですね、あの辺では天神平がまず一番にオープンするのが通例かと思います。もうすぐでしょうね。初滑りはあそこでもいいかな~

それから、マラソンご苦労様でした。10km走れるだけで素晴らしいです。10キロなら歩けると思いますが、走りたくはないですね~(汗)

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/836-5e126ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

検索フォーム

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。