御前ヶ遊窟〜会越国境の急峻な岩山に挑みカモシカに遭遇する初秋の休日

B型人間の山歩き  

日帰り登山の持ち物ガイド 

日帰り登山の服装ガイド 

登山の服装・持ち物チェックリスト 


当日の休憩時間を除く歩行時間

駐車場 (30分) タツミ沢入口の分岐 (1時間15分) シジミ沢入口 (2時間) 御前ヶ遊窟頂上 (2時間15分) タツミ沢入口の分岐 (30分) 駐車場


9/5、阿賀町の奥の新潟福島県境に近い、御前ヶ遊窟(ごぜんがゆうくつ)という岩山に登ってきました(国土地理院の地図はこちら)。登山愛好者の間では知られる、チャレンジングなスラブ(平らな岩の坂)を擁する岩峰の山です。



磐越道の津川ICを降り、たきがしら湿原方面に向かいます。下の画像は道の途中で現れた看板。「御前ヶ遊窟」の文字もあります。

DSC08133ky.jpg


こちらは丸渕観光わらび園にある看板。結構重要情報が書いてあります。案内なしで初めて行く人には役立つことがあるでしょう。私はネットでこの地図を見て、印刷して持って行きました。

DSC08134 (1) (クリックすると大きくなります)


たきがしら湿原に近くなってきたところで、分岐を左(南側)に入ります。

DSC08135ky.jpg


下の地図のマーカー「A」のあたりから、南側に入る道がついています。




そしてその林の中の道を100mほど行くと、

DSC08136ky.jpg


行き止まり(上記地図B地点)が、これくらいの駐車場になっています。

DSC08137ky.jpg


この日は御前ヶ遊窟を訪れたのは私一人だったようでした。


駐車場奥に注意の看板と、登山者名簿を書くところがあります。私も念のため記入。

DSC08138ky.jpg


「御前ヶ遊窟は、急峻な岩場などが連続する上級者向けの山です。」


とありますが、この言葉に偽りはありません。


岩場から落ちたら死ぬかもという点では八海山の八ツ峰の方が危険です。でも御前ヶ遊窟はそんなに危険なところは頂上以外はありません。でもいろんな面で微妙に難しく、確かに間違いなく上級者向けの山です。


今日はこの靴で歩きます。

DSC08140ky.jpg

海釣りで使う、スパイク長靴です。事前にネットで調べたところ、シジミ沢までのアプローチがぐちゃぐちゃだとか、途中沢を渡るところがあるとのことだし、岩場の登りだってスパイクならどんな靴底よりも強力だろうと思ったからです。

一応いつも履いている登山靴もザックに入れて来ました。状況によっては履き替えるつもりです。


まずは樹林帯歩き。

DSC08143ky.jpg


「御前ヶ遊窟 頂上登り口」の立札。

DSC08144ky.jpg


夏草で覆われた道(これがなかなか厄介)を下り、鍬ノ沢(くわのさわ)を渡渉します。

DSC08147ky.jpg


この日の水量なら、登山靴でも場所を選べば渡れそうでした。私は長靴なので楽勝~


沢を渡ると赤テープがありました。

DSC08148ky.jpg

御前ヶ遊窟を初めて巡るには、この赤テープが頼りになります。

この先、ルート上には必ず赤テープがあるので、どっちに行けばよいかわからないときは周囲を見回して赤テープを探します。わかりにくいところには、必ず赤テープがあります。これはある意味すごいことでした。


ところどころ道が崩れかけていて、通過にちょっと注意が必要なところもありました。まぁそんなのは山の中ではよくあることですが。

DSC08153ky.jpg


ツリフネソウ

DSC08152ky.jpg


今日はショートパンツサポートタイツ半袖シャツアームカバーです。トレッキングポールグローブも毎度のアイテム。

DSC08154ky.jpg

いつもと違うのは登山靴でなく、長靴ということだけ。沢だろうが泥道だろうが、どんなところでも気にせず歩けるので楽です。こりゃいいわ。この日のシジミ沢までの道では、ぐちゃぐちゃでひどいところはそれほどなかったですね。


タツミ沢入口の分岐に来ました。ここまで駐車場から30分。戻りも30分でした。

DSC08155ky_20150906141440c8e.jpg


行きはこの道標を左へと進み、帰りは道標の右の道を上がって来ます。両側とも夏草に覆われて道が見えませんね。


ここに御前ヶ遊窟周辺の地図があります。役立つ情報もあるので、私はこの地図を事前にネットで調べて印刷して持って行きましたが大いに役立ちました。

DSC08156gzn1.jpg


DSC08156 (2) (クリックすると大きくなります)


進んでいきます。


しかしね、夏草がひどいところが時々あるんだなこれが。

DSC08157gzn.jpg
(さて、道はどこでしょう?)


右側に岩山の壁が見えてきました。

DSC08159gzn.jpg


DSC08169gzn.jpg


岩山がずっと続いています。こういうところは最近行ってないのでうれしくなります。


しかししかし、夏草が。

DSC08172gzn.jpg
(こんもり盛り盛り)


今日ばかりはトレッキングポールを持ってきてよかったと思いましたね。よかったと思ったところ。


①夏草をかき分けたり、見えない道を探りながら歩くことができる。

 道が見えないので、踏み外したりしないか怖いんですが、ポールで確認しながら歩けば安心感があります。

②クモの巣を払うのに便利。

 歩く人も少ないのか、かな~~りクモの巣が張られてましたね。

③ヘビを追いやるのに便利。

 ヘビは3匹現れました(ほか、トカゲ、カエルなど多数)


秋になって紅葉シーズンに人が通るようになれば、草も枯れるでしょうしこの草も気にならなくなるのでしょうね。


ナツエビネ。
DSC08179gzn.jpg


御前ヶ遊窟の鋭い岩峰群が見えてきたら、シジミ沢出合いはもうすぐです。

DSC08185gzn.jpg


大きな岩の手前を右に下りるとシジミ沢の出会いです。

DSC08196gzn.jpg

沢の向こうに赤テープが見えます。この日の水量なら、普通の登山靴でも簡単に渡れる感じでした。


左に滝があります。

DSC08193gzn.jpg


本格的な登りに備え、ここで帽子からヘルメットに替えます。

DSC08195gzn.jpg



さて、ここからクライミングになります。登り始めたら、左側に行きます。道なりに右側を行くと大岩ゾーンで難しすぎて(おかしいな?)と思ったら、案の定正しい道は左手にありました。

とにかく赤テープをたどります。赤テープをたどって行けば間違いありません。

DSC08199gzn.jpg


難しいところには虎ロープやクサリがあります。

DSC08200gzn.jpg


この樹林帯は岩がゴロゴロしている上に結構な急斜で、なかなかワイルドなところでありました。


そして樹林帯を抜けました。右側に虎ロープが配置されているので、これをたどっていくと安心です。

DSC08203gzn.jpg


とりあえず岩の上を立って歩いてみます。

DSC08204gzn.jpg


岩はざらついているので、普通の登山靴等であれば滑ることはないように感じました。


しかし、立って歩くには微妙~に不安な勾配で、右側のロープを頼りました。

DSC08208gzn.jpg

四つん這いで岩の上を上がっていくのも面白かったかもなとは、家に帰って来て写真を見て思い起こしました。


御前ヶ遊窟の岩峰群も近づいて来ました。

DSC08213gzn.jpg


そしてクサリも登場。クサリは新しいものがほとんどでした。ありがたいことです。

DSC08214gzn.jpg


登って行くと、途中で右側の草ヤブの中を通ったりします。基本的に、右側右側へと上がっていくのが正しい道です。


(あれ? これはどっちに行けばいいんだ?)と思うようなところで周囲を見回すと、必ず赤テープが見つかります。この赤テープの配置が実に絶妙で、頼りになります。

DSC08218gzn.jpg


とはいえ、ルートを探しながら岩場を上がっていくので、普通のハイキングとはまったく趣が異なります。


このルートファインディングの必要性が、このルートの難しさであり、楽しさでもあります。


明らかに危険なところはないんですけどね、


でもやっぱり上級者コースですよ、御前ヶ遊窟は。

DSC08219gzn.jpg


長いクサリをつかんで登ります。

DSC08224gzn.jpg


険しい岩峰が冒険心を刺激します。

DSC08237gzn.jpg


振り返ると谷の向こうも岩壁の山。1000mに満たないところでこんな光景が見れるところはあまりないと思います。

DSC08234gzn.jpg


右側の草ヤブに入ります。基本的に、右へ右へと意識して上がっていきましょう。

DSC08239gzn.jpg


また岩場の長いクサリ。

DSC08245gzn.jpg


こんな景色を眺めながらの岩登り。

DSC08243gzn1.jpg


これが、そんなには危険ではなくて、

程よくアドベンチャー感があるところがとってもナイスなのです(これが御前ヶ遊窟の魅力♪)



だいぶ上がって来ました。白く雪のように見えますが、一枚岩なのです。

DSC08249gzn.jpg


まだまだ上がる。右ね、右。右を意識。

DSC08252gzn.jpg


いや~~~、この岩山、岩肌、素ん晴らしい眺め。来た甲斐があった。

DSC08256gzn.jpg


そしてこんな眺めのところに出ます。左側の岩山が御前ヶ遊窟のある山。

DSC08259gzn.jpg

岩壁を右側沿いに上がって来ましたが、この辺から上写真中ほどの草地をトラバース(横切って)して御前ヶ遊窟に向かいます。


紅葉の走りがわずかに見られました。

DSC08267gzn.jpg


そして「かえり5m先左」という、岩にでっかく書かれたところを通り過ぎてやや上がると、御前ヶ遊窟に到着です。

DSC08271gzn.jpg


と思ったらこちらは小さいほうの穴で、もう少し上に大きな穴がありました。


DSC08274gzn.jpg


さて、とりあえず御前ヶ遊窟には着いたのですが、この岩山の上まで行くことができるはずなので行ってみることにします。



ところが、ここから先は赤テープがありません。赤テープは御前ヶ遊窟で終わっているのです。

(もう赤テープはない)

DSC08275gzn.jpg


(この岩壁↓の上に上がる)

DSC08277gzn.jpg


持ってきた地図を見ると、「遊窟の上の頂上へ行くには、遊窟を出てすぐの直上する岩に取りついてはならない。急で登れなくなる。左側のゆるい岩場から尾根に出る」


と書いてあります。それに従い、左の方に上がって来ました。


すると、真っ白な岩の斜面が現れます。

DSC08308gzn.jpg



・・・・・



これをトラバースするのか?(汗;)



とまどいつつも進んでみる。



ん~~~~~;



いや? こりゃ違うだろ?(大汗)

DSC08280gzn.jpg


ふと気が付くと、この斜面の中にいたわけだが、万一ズッコケて転び始めたら、おそらく止まらないだろうなというくらいの角度なのだ。今日一番危なかったのはここ。いや~、戻ってよかった。危なかった。


慎重に岩場のはずれまで戻る。でもなぁ、ここを行くしかないのかなぁ。

一か所、岩壁をまっすぐ斜め上に上がる、草のついたラインがあって、ここをたどれば行けそうな気もするんだけど、やっぱり転んだりスリップしてしまった時の不安の方が大きい。

DSC08282gzn.jpg


ここを行くか行くまいかしばし思案する。



・・・・



そしてふと気が付くと、



なんと!



岩の斜面の向こうにカモシカ登場!


DSC08284gzn1.jpg


いや~~、これは想定外だった。初めてカモシカ見ました。感動的です!



しかしだ、



カモシカって、人を襲ったりしないよな?



この立地で攻め込まれたら、もうどうにも逃げようもない。頭から突進して来られたらどうしよう(大汗;) (来ないでくれ!)と必死に祈る。


カモシカはじっとその場で立ち止まり、いつまでも動こうとしない。


DSC08288gzn.jpg


もしかすると、カモシカも同じことを考えていたかもしれない。互いに対峙したまま、沈黙の時が流れる。


何分かそこでにらみ合いを続けましたが、カモシカは一向に動こうとしないので、やや急ではあるものの、意を決して右側の坂を上がることにしました。こちらも急ではあるのですが、仮にすっころんでも草木があるため止まる安心感があります。


10mほどでしょうか、岩の坂を上がりきりました。帰り道にわかったことですが、結果的にはこれが正解でした。


御前ヶ遊窟から上がって来て白い岩の斜面に出くわしたところから、最低限安全に上がるルートのイメージ図。

DSC08312gzn3.png

斜面右沿いに上がります。そして、岩壁の上部まで来たら左に行きます。すると、稜線のはずれに上がることができます。


しかし、初めて来た私にはそれはわかりませんでした。山の上には稜線の道があるとのことですが、どこから稜線に出られるのか植物に遮られよくわかりません。


でも稜線まではそんなに距離もないし、植物帯の密度もそれほどひどくはないので思い切って無理やりヤブ漕ぎで上がることにしました。長年山歩きをしていますが、ヤブ漕ぎらしいことをやるのは初めてな気がします。


すると、割とあっさり稜線の道に出ることができました。


DSC08292gzn.jpg


稜線をたどり、最後に岩山の急登を木の根につかまって登りきると、

DSC08295gzn.jpg


御前ヶ遊窟の頂上です。

DSC08301gzn.jpg

(ここは落ちたらアウト)


無事上がって来れた。ヘルメットよありがとう。

DSC08303gzn.jpg


しばらく休んで戻ります。


稜線を下ってきたところから見た、御前ヶ遊窟の岩の全貌です。さっきまでこの岩のてっぺんにいました。御前ヶ遊窟はこの岩の基部にあります。

DSC08304gzn.jpg


そして御前ヶ遊窟の前を通り過ぎて、この案内の通りにやや行くと、

DSC08269gzn.jpg


ソウケエ新道への道があります。とりあえずクサリ。

DSC08319gzn.jpg


こんな壮観な岩峰の下を通ったり、

DSC08321gzn.jpg


こんなところを通ったりして気分は踊るんだけど、

DSC08326gzn.jpg


なかなかにハードなルートで疲れるんだなこれが(汗)

DSC08327gzn.jpg
クサリがあればいい方で、「え?ここは何にもないの?」ってなところも。


そして御前ヶ遊窟の岩場に別れを告げ、

DSC08329gzn.jpg


ソウケエ新道の稜線に出ました。

DSC08330gzn.jpg


進んでいくと、こんな開けたところも。

DSC08333gzn.jpg


また進んでいくと、1本目のクサリが現れました。

DSC08335gzn.jpg


結局ソウケエ新道では確か7本のクサリを下ったように思うのですが、すべてのクサリが絶対必要であるから設置されているもので、オマケの補助的なクサリは1つもありません。ちょっと緊張感を強いられるところもありました。


左側はこちらもデカイ岩壁の山。

DSC083356zn.jpg


馬の背の稜線は私の好きな道の1つ。

DSC08341zn.jpg


右側に現れた大スラブ。カモシカならこんなところも普通の生活の場であるのかもしれません。

DSC08344zn.jpg


長い長いクサリ。でもこれは長いだけで、坂の角度はゆるい方。

DSC08345zn.jpg


このクサリを下りたところ。

DSC08346zn.jpg


そしてこの後もいくつかいやらしいクサリを下りて、小さな沢に出ました。

DSC08351zn.jpg


この沢を越えて、再度樹林帯に上がってちょっと林の中を行きます。

DSC08352zn.jpg


そして林を抜けると、鍬ノ沢のほとりに出ます。

DSC08353zn.jpg


前記の地図によれば、ここから150mほど沢を渡渉することになっています。


こちらは左岸なので、どこかで右岸に渡る必要があります。

DSC08356zn.jpg


この日の水量なら登山靴でもなんとか渡れそうな場所もありましたが、私は長靴で楽勝だったので、川の中のここぞというポイントに石を置き、歩きやすくしてみました(B・Y新道?)


右岸に渡ってしばし進むと・・・

DSC08357zn.jpg


細い木に赤テープがあります。ここを右に曲がります。

DSC08359zn.jpg


しかし、、、


DSC08360zn.jpg

目の前はこの草むら↑なんだよね。赤テープがなかったらここを行こうとは思わないって。


草むらをポールでかき分け、見えない地面をポールで探りながら坂を上がり、朝方通ったタツミ沢入口の分岐に戻って来ました。

DSC08363zn.jpg
(「ご苦労さまでした」という文字に癒される)


そしてまたここから30分歩いて(もうヒザがガクガク)、無事駐車場に戻って来ました。

DSC08366zn.jpg


結局この日は長靴で歩き通してしまいました。行程を終えて、結果的にはスパイク長靴の選択は正解だったかなと思いました。岩場でのグリップは万全でしたし、特に川の渡渉でポイントを気にせず楽に歩けたのは良かったです。

DSC08141ky.jpg

難点は蒸れること。あと、インソールは登山用のものを入れとけばよかったなと思いました。


今回のルートは、私の10年ちょっとの登山歴のなかでも、ワイルドさでは堂々の第一位に躍り出ました。


明らかに落ちたら危険な絶壁みたいなところは、御前ヶ遊窟の頂上を除けばありません。


その代わり随時ルートファインディングが必要で、アスレチックのようなアップダウンが続くエキサイティングな大人のアドベンチャーランドでした。これは面白い山です。シジミ沢出合いまでのアプローチがもうちょっと短いと楽なのですがね。


 御前ヶ遊窟〜会越国境の急峻な岩山に挑みカモシカに遭遇する初秋の休日  おわり


B型人間の山歩き


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン






関連記事

コメント

1761. 山登りに行きたくなりました!

こんにちは!

今回も超大作のブログ記事を楽しく読ませていただきました!(笑)

しかしカモシカとの遭遇はびっくりですね!突進されなくてよかったですね!!それと遭遇したのが熊でなくてよかったですよね!(汗)

B・Yさんの山登りの記事を読むたびに、昔登った山の感動がよみがえってくるような思いで、この秋は家族で近いところの山を登ってみようかな…なんて考えるようになりました!

釣りの方ももう少ししたら落ちギスシーズンですね!

爆釣と行きたいですね!!
  • 2015-09-09 16:49
  • karei-na-kisu
  • URL
  • 編集

1762. Re: 山登りに行きたくなりました!

karei-na-kisuさん、こんばんは!

超大作お読みいただきありがとうございました(笑)自分でも読み返すのが大変です。

遭遇したのが熊でなくてよかったとは、実は私もつくづく思っていました。あの距離でもしツキノワグマと出くわしていたら、緊張度はメーター振り切ってたでしょうね(笑)

仮にですが、クマと遭遇したら背を向けて逃げてはいけないと言われているので、クマの方を向きながらそっと後ずさりする必要があったでしょう。でも、あの地形ではそれはかなり困難なことでした。だから余計に(クマでなくてよかった)と思ったのです。

投げ釣りも楽しいですが、山も楽しいです。私も子供が小さいときはよく一緒に出かけました。これからはハイキングもいいシーズンですね。角田山の灯台コースなんかはオススメです。

落ちギスは、今年は水温の低下が早いのでシーズンインも早いかもしれませんね。釣りの掲示板にありますが、昨日はばず山さんが26cmを釣っておられました。台風一過で落ち着いたところがチャンスかもしれませんね♪

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/822-86c1108f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。