息子と北岳へ〜届かなかったあの夏のリベンジ山行記 (1日目)


B型人間の山歩き  

日帰り登山・ハイキングの持ち物ガイド

日帰り登山・ハイキングの服装ガイド

登山の服装・持ち物チェックリスト 

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

2018年8月2~4日、山梨県の南アルプス市にある北岳(きただけ:3192.5m)に行ってきました。北岳は富士山に次いで、日本で2番目に高い山です。

 8/2 (1日目)の日記です。 2日目  3日目

 コースタイム (休憩込み): 広河原山荘(2時間25分)白根御池小屋




今回の山行で歩いたポイントの地図です。




今年の夏休みは、息子と2人で南アルプスの北岳に行くことにしました。北岳は日本で富士山の次に標高の高い、2番目の山です。



今から6年前の夏、息子が中学2年のときに2人で北岳に登ったのですが、「山頂まであと20分」というところまで行って息子が高山病で動けなくなり、北岳の山頂を踏むことはできませんでした。その時の日記はこちら



あれから6年、大学生になった息子と一緒に、北岳のリベンジマッチに行くことにしました。



今回の山行計画を聞いて、息子と同じクラスのKくんも行きたいとのことで、息子と3人で行くことになりました。Kくんも新潟出身とのこと。何かあっては困るので責任は重大です。



息子らは東京から電車で来て、私は車で行くので、韮崎駅で待ち合わせることにしました。


朝5時前に自宅を出発。息子らは9:46に韮崎駅に着くのでそれまでに着けば大丈夫。グーグルマップのコースタイムによれば3時間半ほどで着ける見込み。グーグルマップのコースタイムはホントに正確で、時間のメドがわかって実に助かります。


長野に入りました。姥捨SAで休憩。
kita18820001.jpg 


コンビニで朝食用のパンも買ってあるんだけど、なんだか腹が減ってしまった。ってなことで豚汁玉子丼セットを注文。朝からガッツリ。
kita18820002.jpg 


そして食べようとすると、息子からラインが来ているのに気づいた。


なんと、Kくんは熱が出て来れなくなったとのこと。前日に2人で登山用品を買いに行ったと聞いていたが、残念なことでありました。



さて、燃料満タン♪ 行きますよ~


また走り、


中央道 原PAで休憩。時間に余裕があるからゆっくりと。
kita18820003.jpg 


このままだと1時間以上前に韮崎駅に着いてしまので、手前の長坂で高速を降りて下道で韮崎駅に向かう。



そして韮崎駅です。韮崎と言えば中田英寿。
kita18820005.jpg 


息子も到着。
kita18820007a.jpg 



そして芦安の駐車場へ向かいます。



30分ほどで芦安の駐車場に来ました。ここから乗り合いタクシーで広河原へ行きます。
kita1882a0001.jpg 


乗り合いタクシー。広河原まで1200円です。
kita1882a0002.jpg 


途中、北岳と間ノ岳が見えるポイントで運転手さんが車を停めてくれました。気分も高まります。
kita1882a0003.jpg 


そして40分ほどで登山口の広河原着。ここに来るまでもなかなか大変な道のりでした。
kita1882a0005.jpg
(野呂川広河原インフォメーションセンター)
 



奥にそびえる岩山が日本第2位の高峰北岳。北岳に行くのは明日の予定です。
kita1882a0010.jpg 


吊り橋を渡り、
kita1882a0012.jpg 


kita1882a0015.jpg 


kita1882a0016.jpg 


ここから本格的な登山道です。それでは2泊3日の山旅の始まり~
kita1882a0017.jpg 




本日の目的地は白根御池小屋です。
kita1882a0018.jpg 


ヤマホタルブクロ。今回もたくさんの花と出会いました。
kita1882a0020.jpg 


樹林帯を歩き、
kita1882a0021.jpg 


分岐に到着。右の白根御池へ行きます。帰りは左の二俣からから下りてくる予定。
kita1882a0024.jpg 


この分岐から尾根道を上がることになり、延々と急登が続くことに。
kita1882a0025.jpg 



ミヤマシャジンですかね? ヒメシャジンかも。山の花は似たようなのがたくさんあってよくわからないです。
kita1882a0026.jpg 


カニコウモリ
kita1882a0028.jpg 



ひたすらに、
kita1882a0030.jpg



緩むことのない急坂。顔から汗が滴り落ちる。でも下界ほど暑くはありません。
kita1882a0035.jpg 


kita1882a0036.jpg 


ベンチがあったのでちょっと休憩。息子はわりあいすぐに休みたがる。まぁこっちは山慣れてますが、山登りなんてしない人にとっては疲れるのも無理はありません。
kita1882a0039.jpg 


ハクサンオミナエシ。
kita1882a0041.jpg 


息子が見つけたキノコ。調べましたがウスタケでしょうか。だとしたら毒キノコ。
kita1882a0042.jpg 


長い急登がようやく終わり、あとは割りあい平坦なトレッキングコースに。
kita1882a0043.jpg 


あと20分。
kita1882a0046.jpg 


息子は「これは何?」と、花を見つけると聞いてくる。なかなか目ざとくて、私が気づかないものまで見つけたりする。これは初めて見ました、セリバシオガマ。
kita1882a0048.jpg 



シナノオトギリですかねぇ。イワオトギリかも。
kita1882a0050.jpg 


花咲く小道。
kita1882a0052.jpg 


おそらくキタダケトリカブト。トリカブトは細かい種類が多いそうで。有毒なのは皆同じ。
kita1882a0053.jpg 


百名山の鳳凰三山の1つ、地蔵岳が見えます。
kita1882a0055.jpg 


林の中は涼しい。
kita1882a0059.jpg 

 
小屋が見えて来ました。
kita1882a0060.jpg 


そして本日の宿、白根御池小屋(しらねおいけごや)に2時間半ほどで着きました。明日に備えちょうどいいウォーミングアップ。
kita1882a0061.jpg 




白根御池小屋は2230mに立地しています。ここで1泊し、高度に体を慣らして明日に備えます。

前回は1日で標高差1600m以上を登り切って3000mに出て親子で高山病になり、頭痛で散々だったのです。


受付を済ませ、我々の部屋へ。今夜の寝床はこんなとこ。
kita1882b0004.jpg 


布団は1人1枚でゆっくりと休むことができました。
kita1882b0003.jpg 


さて、到着後のお楽しみですよ♪
kita1882a0069.jpg 


kita1882a0068.jpg 


小屋の前のテーブルにて。はい、生ビールと、ツマミは鳥モツ煮ね。
kita1882a0071.jpg 

いや~、この瞬間のために小屋泊まりをやってると言ってもいい至福の時間でアリマス。めちゃウマ。



kita1882a0073.jpg 

小屋のすぐ脇に白根御池がありました。池のほとりでテン泊も可能。


小屋の前もテント場に。ここはいい感じのテント場でした。こんなところならテント泊も楽しそう。
kita1882a0079.jpg 


kita1882a0081.jpg 


kita1882a0082.jpg 


kita1882a0083.jpg 


kita1882a0084.jpg 

う~ん、下界の林間のキャンプ場のような環境。こういうところは登山のテント場としてはあまり無いような気がします。いいですね。


しかし、もはやオッサンの私には、テントと食料を担ぎ上げて疲れた体でテントを張り、そして食事を作ってというのをやるほどの気力がもうありませんわ。


16:30から夕食でーす。

kita1882a0085.jpg 

もちろん完食、ごちそうさんでした。


まだ時間も早いので本など読んだりしながら過ごします。
kita1882a0089.jpg 

白根御池小屋は2005年に建て替えられたんだそうで、まだ新しくて清潔で明るい雰囲気。水は飲み放題で、風呂やシャワーこそないもののトイレは水洗。水が豊富な立地なんですな。アットホームで落ち着く、いい小屋でした。


2日目に続きます。  3日目




B型人間の山歩き  アマゾン 楽天


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

夏の1、2泊山小屋泊まり山歩きガイド

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン

熊よけ鈴 手袋 冬用手袋 水筒


関連記事

コメント

2656. 

こんばんは、B・Yさん!

ついに、息子さんと思い出の北岳へ行ってきたのですね!
前回の経験を教訓にして、さてこの後どんな山旅が待っているのか、続きを楽しみにしています(^^

私もそろそろ北岳に行きたくなってきています(笑)
  • 2018-08-09 23:18
  • URL
  • 編集

2657. Re: タイトルなし

悠さんおはようございます!

行ってまいりました! 前回の教訓を生かし、これからどういう展開になるか乞うご期待でーす(笑)

いろいろあったけど、やっぱり山はいいな~
  • 2018-08-10 06:20
  • B・Y
  • URL
  • 編集

2658. 懐かしの広河原^^;

今年の下界は…迷走台風が、またも来たりで
天候不安定でありますね(大汗)

高校山岳部の夏合宿、北岳へのアプローチは
広河原からデシタ(^.^)
ただ…雨天の回復待ちで「停滞(テイタイ)」を
余儀なくされテント内で何回もトランプしてた
苦い思い出がありました^^;
  • 2018-08-10 10:15
  • DDH185 ひろかず
  • URL
  • 編集

2662. Re: 懐かしの広河原^^;

ひろかずさん、高校山岳部で北岳でしたか。高山病などはいかがだったでしょうか? 部活の空き時間にトランプってのは鉄板でしたねぇ。
  • 2018-08-12 04:58
  • B・Y
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://btypeoutdoor.blog29.fc2.com/tb.php/1002-d97e19fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

検索フォーム

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

カットゾーン フルール  三条市の山歩き好き店長  のいる美容院

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。