猿毛岳に登って山頂の山小屋で薪ストーブの火起こしをする休日(新潟県加茂市)

B型人間の山歩き   冬の低山・里山歩きの持ち物・装備と注意事項

新潟の、冬にストーブのある山小屋


コースタイム:駐車場 (55分ゆっくりめ) 猿毛岳 (34分普通) 駐車場


昨日は加茂市にある猿毛岳(さるげだけ)に登ってきました。

オルザスさんに「山頂の山小屋にストーブがある」と教えていただいたので、行ってみることにしました。



この日利用した駐車場、日吉神社、猿毛岳の位置図はこちら。グーグルマップだと現在「日枝神社」と表示されてますが、正しくは「日吉神社」です。日枝神社と日吉神社は同系列らしいけど。そのうち直るかな。




駐車場です。冬場に停められるのは5、6台といったところでしょうか。簡易トイレがありました。

DSC09562sgd.jpg


目の前に加茂川が流れています。

DSC09564sgd.jpg


登山口です。「注意サル出没」とありましたが、この日はサルは見かけませんでした。

DSC09565sgd.jpg


ちょっと登ったところに日吉神社があります。

DSC09566sgd.jpg


日吉神社です。

DSC09567sgd.jpg


猿毛岳登山コース概略図

DSC09568sgd.jpg


今日は天気もいいです。気分のいい山歩きが期待できそうです。

DSC09570sgd.jpg


ところが、前日降った雪が木に積もって、それが今日は融けて木からぽたぽたと雫(しずく)が落ちてきます。

DSC09572sgd.jpg


この雫の量がハンパでなく、晴れてるのにまるで雨の中を歩いているようでした。


おお~~、竹林ゾーンが現れました。山の途中でこれだけの竹林があるのってあまり見たことがありません。珍しい光景です。

DSC09578sgd.jpg


標高が上がってくると、木々が雪化粧してきました。キレイです。

DSC09585sgd.jpg


赤テープもそこここに。

DSC09589sgd.jpg


稜線に出ました。

DSC09599sgd.jpg


右手に見える形の良い山は袴腰山かな?

DSC09598sgd2.jpg


道標があります。山頂も近そう。

DSC09606sgd.jpg

「とるのは『写真』だけ 残すのは『足あと』だけ」と書いてあります。山歩きの定番標語ですね。


晴れの日の稜線歩き、最高です。

DSC09608sgd.jpg


そろそろ山頂かな?と思うとまだ先がある、みたいなことを繰り返して、

DSC09611sgd.jpg


DSC09614sgd.jpg


猿毛岳山頂に到着でーす。この山小屋が目当てで来ました。

DSC09632sgd.jpg



猿毛岳、326.7m。山頂の鐘が、炊飯器の釜なのがナイス。

DSC09634sgd.jpg


では小屋へ。

DSC09633sgd.jpg


小屋の中に入ろうとすると、カギがかけてあります。カギを外して中に入ると、、、

DSC09621sgd.jpg


当然誰もいません。これは想定外でした。てっきり誰かストーブをつけて休んでるかと思ったのに。


それではということで、小屋の中にあったライターと新聞紙を拝借し、細めの木を入れて火を起こすことにします。


しかし、何度やっても新聞紙が燃えるだけで木に燃え移りません(あら?)


ん~~~~~~;



いや~~、 ホントに火がつかねーこと つかねーこと。 (こんな場面で真の実力が現れる)



格闘することしばし、もうダメかとあきらめかけたところで、「杉っ葉」を発見。確かこれは良く燃えるんじゃなかったっけ。


そして杉っ葉をいくつか投入すると、火に勢いが出てきました!

DSC09625sgd.jpg


ようやく火が安定し始めたところで、女性の2人組が入って来られました。


あったかいストーブを囲んでランチです(ラーメン右のから揚げなどは女性からのいただきもの)

DSC09627sgd.jpg


女性の1人がパンを持ってきていて、焼いたものをいただきました。

DSC09629sgd.jpg


DSC09630sgd.jpg
(外はカリカリサクサク、中はふんわりで (゚д゚) ウマー!)


山小屋があって、更にストーブがあるからこそ、冬の山でものんびりゆっくり休むことができます。山談義が止まりませんでした。

DSC09626sgd.jpg


DSC09631sgd.jpg


小ぢんまりとした空間で、中もきれいでとってもいい山小屋でした。「ご自由に使ってください」という言葉に甘えてストーブも使わせていただきました。管理されている皆様方には深く感謝申し上げます。

雪の猿毛岳、文句なしにいい山でした。オススメです。

DSC09635sgd.jpg

(小屋の前からの、白山~粟ヶ岳の山並み)


猿毛岳に登って山頂の山小屋で薪ストーブの火起こしをする休日~おわり


※近くの日帰り温泉

七谷コミュニティセンター

美人の湯



新潟の、冬にストーブのある山小屋


冬の低山・里山歩きの持ち物・装備と注意事項


B型人間の山歩き


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン


ツバメコーヒー(燕市吉田のカフェ)

新潟いいカフェ素敵なカフェ


今日は燕市の吉田にあるツバメコーヒーさんに行ってきました。



カフェは美容院に併設されています。

2016-02-24a.png


2016-02-24b.png


お店の中にはいると、まずは雑貨コーナーがあります。

2016-02-24d.png


2016-02-24e.png


県央地域で作られたものが多いのでしょうか、センスの良い品々が数多くありました。

2016-02-24f.png


2016-02-24g.png


2016-02-24h.png


2016-02-24i.png
Furicoさんのバッグ@ツバメコーヒーコラボ。値段が書いてなかった。)


カフェコーナーはこちら。

2016-02-24j.png


2016-02-24k.png


お客さんがいたのであまり写真撮れませんでした。小ぢんまりした空間ですが、まさしく「カフェ」空間でありました。


2016-02-24m.png


コーヒーはグアテマラを注文。私はグアテマラが好きなので、あれば注文するのですが、これがまた店によって出てくるモノが全然違うんだな~。あとはビスコッティを。

2016-02-24l.png


おまけでツバメコーヒーマークのクッキーをいただきました。

2016-02-24n.png


こんな、いい感じのお店を探してあちこちウロウロしています。


ツバメコーヒー


新潟いいカフェ素敵なカフェ





新潟の投げ釣り場の紹介ページをモバイル対応デザインにしてみました。

B型人間的新潟の投げ釣り


IMG_4926w5.jpg


私の運営しているB型人間的新潟の投げ釣りの中では様々な情報ページがあるのですが、これまで技術的な制約もあってモバイル対応はしてきませんでした。


でも、やっぱりモバイル対応したいよなあとは常々思っていて、そしてあれこれ長いこと考えた末、とりあえずこのようなデザインでやってみるかと思い、作ってみました。下記は釣り場紹介のページです。


モバイル対応ページ:脇川


場所は村上市笹川流れの脇川です。パソコン、スマホ、タブレット等、見る媒体によってページ構成が動く流動的なデザインになっています。


パソコンでご覧の方はブラウザーの幅を縮めてみてください。ページを構成しているブロックが動くはずです。


正直なところ、パソコンだけで見る分にはこれまでのページで十分だと思っていたのですが、やはりスマホ全盛の時代においてはスマホで見やすいことも大事なのかなと思い、このような対応をするに至りました。なお、まだいろいろ改善点はあるので今後いろいろ変わって行くと思います。


しかしこれ、ページを作り変えるの、


すべて手作業にて行わなきゃならんのだな(何年がかりの工事になるのだ?)


誰か手伝ってくれないかしら。


B型人間的新潟の投げ釣り



見附市「市民の森」から大平森林公園へ冬の雪道ハイキング

B型人間の山歩き   冬の低山・里山歩きの持ち物・装備と注意事項


今日は我が地元見附市にある、市民の森から大平森林公園まで歩いてきました。


コースタイム : 見附市市民の森第1駐車場 (5分) 管理棟「木々(ここ)」 (30分) 馬場林道合流ポイント (15分) 大平森林公園ログハウス (35分) 見附市市民の森第1駐車場



市民の森の駐車場、馬場林道合流点、大平森林公園のログハウスの位置図の地図はこちら。




見附市市民の森の第1駐車場です。私の自宅からは車で10分もかからずに来れます。

DSC09469ooh.jpg


雪のない時期に一度来たことがありますが、冬場は初めてです。どんな風になってるのでしょうか。

DSC09470ooh.jpg


晴れ間も見えてきました。

DSC09473ooh.jpg


駐車場越しに城山が見えます。

DSC09474ooh.jpg


実は今日は城山に登って大平森林公園まで歩くつもりだったのですが、城山のふもとの総持寺から登ろうとしたら、坪足ではヒザ上まで雪にもぐるありさまで危険と判断し、撤退してきたのです。こういう時にスノーシューがいるのだな。


それでどこに行こうか近所をウロウロしているうちに、こちらにたどり着いたのでした。


駐車場から5分ほどで休憩所に到着です。

DSC09476ooh.jpg
学習管理棟 木々「ここ」


こちらの管理人さんが道などを親切に教えてくださいました。市民の森の地図ももらえます。


「来週はかんじき、スノーシュー、スキーなんかを使って旧村松街道をあるくツアーをやるので、よかったらまた来てください」


とお誘いいただきました。う~~ん、やっぱりスノーシューがほしいな( ̄~ ̄)


公園内の尾根沿いの道はよく踏まれていて歩きやすく、大平森林公園まで歩いて行けるとのことなので、行ってみることにしました。下写真、右の道です。

DSC09477ooh.jpg


DSC09482ooh.jpg


城見台。城山が正面に。今度はスノーシューを履いてあちら側の稜線を歩いてみたいですね。

DSC09483ooh.jpg


分岐に来ました。ここは右に曲がるのが正解。真っすぐ行ったら「坪足ズブズブ」で、こりゃ違うなと思い、引き返してきました。

DSC09484ooh.jpg


DSC09485ooh.jpg
(「これより片平」の看板。こちらへ。)


青空と雪化粧した木々。これが冬の山の美しさ。

DSC09491ooh.jpg


里見台というポイントに来ました。見附の市街地が一望です。左手前に管理棟が見えます。

DSC09495ooh.jpg


更に上がって。

DSC09498ooh.jpg


DSC09499ooh.jpg


「佐渡見台」というポイントからの眺め。本日は佐渡はよくわかりませんでした。

DSC09501ooh.jpg


里山の稜線をたどって行きます。

DSC09504ooh.jpg


この道は踏み跡はしっかりしていますが、歩く人は少なかったですね。

DSC09507ooh.jpg


赤テープもちゃんとありました。

DSC09509ooh.jpg


馬の背の道。こういう道が好きです。

DSC09512ooh.jpg


左に冬季休業中のゴルフパークオオヒラが見えます。私のゴルフ練習のホームグランド。のどかなところです。

DSC09513ooh.jpg


しかし地元にこんなナイスなハイキングコースがあったとは、

DSC09515ooh.jpg


灯台下暗し。

DSC09517ooh.jpg


馬場林道との合流ポイントに来ました。管理棟から30分ほどです。アップダウンは緩く、急坂も短いのがちょびっとあるだけでした。

DSC09521ooh.jpg


馬場林道を100mほど先に進みます。

DSC09523ooh.jpg


100mほど歩くと、左の林に入るポイントがあります。大平森林公園へと向かいます。

DSC09524ooh.jpg


DSC09525ooh.jpg


また林の中を歩いて・・・

DSC09527ooh.jpg


DSC09529ooh.jpg


DSC09530ooh.jpg



大平森林公園に到着です。冬は閉園しています。

DSC09533ooh.jpg


DSC09534ooh.jpg


ログハウスの管理棟に着きました。冬季で建物の中には残念ながら入れません。これが利用できるとかなりウレシイですし、訪れる人ももっと増えると思うのですが。

DSC09535ooh.jpg


ログハウスは高床式で、建物の下にテーブルとイスがあり、休むことができます。まあこれでも冬場の休憩場所としては恵まれた方かもしれません。

DSC09537ooh.jpg


今日も山専ボトルに熱々のお湯を入れて持ってきました。本日はドリップコーヒーです。

DSC09536ooh.jpg


さーて、家に帰って昼飯にうどんを作って子供に食わせにゃならんのでゆっくりもしていられません。


帰りは下道の道路で戻ることにします(なるべく楽したい)

DSC09541ooh.jpg


池は半分くらい氷が張っていました。

DSC09542ooh.jpg


左の道を下ります。右の池沿いの道の奥を歩いている方は、かんじきかスノーシューを使っているようです。

DSC09543ooh.jpg


DSC09544ooh.jpg


踏み跡から少しでも外れると、もうズブズブにもぐります。今日は私は登山靴スパッツで来ましたが、今日ほどロングスパッツが活躍したのは初めてでした。


この日の私のロングスパッツはこちら↓
41qZBtYxNnL.jpg


雪のない時期は2車線の車道もこの通り。

DSC09546ooh.jpg


おや? 木が倒れてますよ?


DSC09547ooh.jpg


立派な大木が倒れていました。人のいない時期でむしろ良かったでしょうか。春までには撤去されるのでしょうが。

DSC09549ooh.jpg


左側は先ほど歩いた山並み。この車道は車で数え切れないほど通ったけど、まさかあんな山の上を歩く日が来るとは(しかも冬に)人生わからないものです。

DSC09551ooh.jpg


駐車場も近いです。陽が差してきました。

DSC09554ooh.jpg


市民の森第1駐車場に戻って来ました~

DSC09558ooh.jpg


いや~~~、このルート、地元びいきだから言うのですがではありませんが、

素晴らしい冬のハイキングコースですね。


アップダウンはゆるく、里山の稜線歩きが楽しめて、人もそこそこ歩いているので道も比較的しっかりしています。


大平森林公園ログハウスではとりあえず屋根とイス・テーブルはあるので休憩は問題なくできます。欲を言えば、ログハウスの中に入ることができるとより一層寛げるのですけどね。


冬の運動に、お出かけになってみてはいかがでしょうか。靴はゴム長靴で十分です。冬の里山歩きの入門コースとしてもオススメです。



冬の低山・里山歩きの持ち物・装備と注意事項


B型人間の山歩き


B型人間の山歩きコンテンツ

日帰り登山の持ち物ガイド

日帰り登山の服装ガイド

登山の持ち物・服装チェックリスト

登山にどれくらい水を持って行くか?


登山用品メーカーリスト

登山靴 ザック 雨具 帽子 腕時計

登山シャツ フリース ダウンベスト

アウタージャケット ダウンジャケット

アームカバー トレッキングパンツ

ショートパンツ 七分丈パンツ ソックス

サポートタイツ タイツ 保温タイツ

コンバーチブルパンツ 山スカート

スパッツ:ゲイター トレッキングポール

水筒  熊よけ鈴  スタッフバッグ

ウエストポーチ ガスバーナー アイゼン


お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

検索フォーム

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。