東京ミートレアで「にくまきおにぎり」を食べてみる

先週末は、今話題のニュースポット!(表現がダサダサだな)、東京ミートレアに行ってきました。





場所は八王子の南大沢。首都大学東京があるトコです。ここに来たのは久しぶりだなあ。前回来たときも日記を書いたのが懐かしい。あれは2005年だったのか。








さて、ここのウリは、「日本初のお肉料理のテーマパーク!」ということなんだそうです。


南大沢の駅ビルの5階にあります。それでは中をのぞいてみましょう。




















フロアー全体がテーマパークになっていて、店舗は7つ。各店舗の中で食べるか、テイクアウトしてフロアーにあるテーブルで食べるかのどちらか。各店舗の座席数はあまり多くはなく、人気の店は行列ができてます。



そして、我が家のこの日の第一のお目当ては、宮崎名物「にくまきおにぎり」




行列に並んだけど、10分ほどで買えた。





では開けてみましょう。




肉のタレがしたたっているので、紙に包んだまま食べます。当然ながらホカホカ。

おにぎりに、薄くスライスした豚肉が巻かれています。つけ合わせで、サラダ菜のような野菜が一枚入ってます。

ではいただいてみます。



モグモグ・・・



もう一口、モグモグ・・・



うーん、





これはうまい。前回の日記に書いたカラス貝とは比べ物にならんな(比べるなって)。


長男など、あっという間に平らげてしまった。よほどうまかったのだろう。


うまい、うまいですよ。それは間違いない。



しかしだ、



これは、、、



単に豚焼肉定食を、おにぎりにしてみただけじゃないのか?



ああ、ぶっちゃけてしまった・・・。


たしかに、豚肉をこれだけ巻いてあるのに、肉のスジとかがまったくないのは素晴らしいと思うし、まあ普通にうまいですよ。肉でご飯を巻いた、こういう形態の食べ物って確かに今までありそうでなかったし。



だがしかし、少なくとも、



初めて食べる味の感動はないのだな。



ってか、


松屋の豚焼肉定食の豚肉を、丼の飯に巻いて食べるといつもこんな味がしますが?


ああ、ぶっちゃけてしまった・・・。東国原知事、ごめんねごめんね~♪




にくまきおにぎりを頂いたのに続き、今度はランチ。選んだのはスペアリブの専門店のHot Stuffというお店。ここも人気のようで、1時間ほど待たされた(俺は待つのはキライだっちゅーの)。


ここのウリは、日本では一般には流通していない「バックリブ」という、豚の背中側の骨付き肉をだしていることだそうで、せっかくなのでそれを注文してみた。





では頂いてみましょう。


モグモグ・・・


うむ、なるほど、これはなかなかいいです。にくまきおにぎりよりは、珍しい食べ物の味がします。


日頃あまり肉を腹いっぱい食うことがないもんで、久々に肉を食いまくった感じ(XX)もう食えん。





これでおなかいっぱいになっちゃったんだけど、


                            ホントはこれ↓↓↓↓



をすご~く食べてみたかった(周りにも食べてる人がたくさんいた)。しかし、さすがに家族の誰も食べる余裕がなかった。今度行ったら是非こやつを食せねば。


それにしても、とんかつとパフェのコラボがアリなら、もうなんだってアリじゃないのか?フライドチキンにあんみつとか、天ぷらに宇治金時とか。

東京湾のカラス貝を食べてみる

先日横浜に釣りに行ったときは、魚は釣れんわデジカメをテトラの間に落としてロストするわで大変でした。場所は下の地図のあたり。




しかし、転んでもタダでは起きない性格の私は、テトラにへばりついたカラス貝に気がつきました。


karasu1.jpg

(よし、ダメもとでコイツを土産に持って帰ろう)




食えるか食えないかわからないけど、とりあえず持って帰ることに。イジ汚い性分だからしょうがない。


それから、せっせこせっせこ貝をいただきました。



彼らは基本的に、テトラ帯の海面付近にくっついてます。



ということはですね、海面付近での作業となるわけですよ。




するとですね、




(@@;)うぎゃ~っ!!






ザッパーン!!



karasu2.jpg

(イメージ)





と、時折こういうお仕置きを頂戴することがあるのですね。




って、





また キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!








ドッパーン!!



karasu3.jpg

(イメージ。って、こんなわけネーだろ・・・)





どぅわ~~! この寒さの中、ビショ濡れ。マヂですか? でも案外水は温かかった。




んで、苦労の末、持って帰って来ました。

karasu4.jpg




さて、持ち帰ったはいいが、果たしていったいこの物体は食えるシロモノなのか否か?カラス貝って、ムール貝のことだろ?だったら問題なく食べられるんじゃないのか?



食えるか食えないかネットで調べてみると、カラス貝はムラサキイガイとかシュリ貝とかセト貝などと呼ばれている貝のことのようで、ムール貝とは種類的には違うみたい。でも近縁種には違いない。



「海の汚れをためこんでる」とか、「料理すればうまい」とかいろいろ書いてある。地方によっては食べるところもあるけれども、普通は好んで食べられるほどの食材ではないようだ。



しかし、調べてみた限りでは、少なくとも「毒貝」というわけではないらしい。



気になるのは、「東京湾のカラス貝を食べてみた」的な記事が発見できなかったことだ。東北方面ではわりあい食べられているみたいなのだが、さすがに東京湾のカラス貝というのは・・・。



事情通の方にしてみれば、(うわっ!あんなもん食うのか)とか、(うわ~、クロダイのエサ食ってやがる)とかいう感覚なのかもしれないが、まあいいのです。毒がないんなら。それに、何事も自分でやってみなけりゃわからないじゃないか。やってみる必要もないのだが。



そういえば思い出したけど、このカラス貝を獲ったとこから直線距離にして2、3kmしか離れてない「海の公園」では、シーズンになればこれもんで↓↓↓

karasu5.jpg




潮干狩りでアサリが獲られてるんだし、あそこから至近距離にあるカラス貝が食えないことはあるまい。



というわけで、腹をくくって食べてみることに。

karasu6.jpg




アサリのワイン蒸しを作るのと同じようにしてみた。



オリーブオイルにニンニクのみじん切りを加えて熱したところにカラス貝を入れ、白ワインを注ぎ込み、パセリをかけてフタをして様子を見る。



今回はカラス貝が食べられるかわからなかったので、補助具材として舞茸とタマネギも入れた。




んで、出来上がりました。

karasu7.jpg


karasu8.jpg


karasu9.jpg




うーむ。ムール貝というかカラス貝は、パエリアなんかに「ちょっと」入っている分にはオシャレな感じもするけれども、これだけ山盛りになっていると一種異様な印象も受ける;




それでは、獲ってきた者の責任&家族代表のお毒味係として味わってみましょう。





モグモグ・・・





ん?





もうひとつ。





モグモグ・・・





んんん?





あれ? なんか味がありませんね?



うーん、どうも貝自体の旨味はあまりないようですね。なかにはちょっと泥くさい感じがするのもありました。アサリなんかだと、小さいやつでもそれなりにアサリの旨味は感じられるのですが。



ふつう、貝ってのはクニュクニュとかコリコリとかの食感が多いのではないかと思うのですが、この貝はモサモサした食感で、やはりムール貝と同じイメージですね。ムール貝はそれなりに旨さも多少感じられますが、カラス貝はあまり旨味を感じません。




カラス貝から海水が大量に出たようで、スープが


しょっぺーことしょっぺーこと(XX)。




でもこのスープに貝の身をつけて食べれば、まあまあ食べられました。




まあですね、明らかにまずくて食べられないという食べ物ではありません。上手に調理すれば、そこそこ食べられる具材なのではないかと思います。クリームシチューなんかに入れれば問題ないのでは?




しかしですね、




じゃあ、「お前はカラス貝をまた食べたいか?」




と聞かれたら、




「いや~; もういいかな~…」




ってのが正直な感想ですね(汗)。




食糧難になったらきっと食べるでしょう。でもそのときまではいいかな…。だからあんなに大量に放置されてんだな、きっと。




不思議なことに、娘はモーレツな勢いで貝を貪り食っていました。


karasu9a.jpg

(ほぼ完食)




娘は潮干狩りで獲ってきたアサリも猛スピードで食べるのですが、それと変わらぬ様子でした。まあ好みもあるのかもしれないです。



一応あれから一週間ほど経ちましたが、ウチの家族で腹痛を起こしたり具合が悪くなったものはいませんでした。



運がよかっただけかしら?




(海の写真はこちらからお借りしました。)



kumade.jpg
  潮干狩り道具



横浜の海で釣りと潮干狩り♪

B型人間のひとりごと


デジカメころりん : 横浜で穴釣りPart2

長男がまた穴釣りをやりたいというので、リクエストに応えて昨日は横浜に行ってきました。行ったのは前回行ったところのすぐ近く。



カミさんには、




「この寒いのに、ほんっとに行くの?」




と、至極最もなツッコミをされました。



しかしながら、




男には寒風、逆風をついて行かねばならぬ時がある




のであります。「今が行かねばならぬときであるかどうか」といえば、たぶん「どうでもいい」はずではありますが。



そしてこれは、そうしたことを念頭に置いた、息子への教育的見地からの行動でもあるのであります(ホントか?)。




自宅を5時に出て、釣り場には6時半には着きました。

koro1.jpg

koro2.jpg



いや~、カミさんの言葉じゃないけどほんっとに寒い。


釣りじゃなきゃこのクソ寒いのに海なんか絶対来ないって。


アタマん中が魚でいっぱいになってっから来ちゃうのだ (魚魚)




それでも天気はいいので、陽が当たってきたらあったかくなってきた。



今回は、自作のブラクリ仕掛けを持ってきてみた。



実家にあった釣り道具を正月に持ってきて、工作してみたのです。



そして青イソメをつけて、めぼしいテトラの穴に落としてみます。

koro3.jpg






しかし・・・




・・・




シーン





・・・




う~ん、なんか今日はまったく魚がいないみたいだ。ちょうど干潮の時間帯に当たっているのもよくないのかもしれない。ましてやこの厳寒期。魚も冬休みで南の島でも行っちゃったかな?それとも自作のブラクリが不器用な作りでイカンのか。




長男も釣れないもんだからネコと遊んでるし。

koro4.jpg

        (サカナくれないなら遊んであげニャイ)




周りの釣り人もまったく釣れていないようで、場所を変えたり帰ったりしている。

koro5.jpg

koro6.jpg




う~ん ( ̄へ ̄) さすがに今日はダメかな。





それでもあきらめず、ちょっと場所替えしてまた「えい!」と竿を出そうとしたときのこと。




私の上着のダウンジャケットのポケットに入れていたデジカメが、はらりとポケットから飛び出てしまったようなのです。






・・・





ということは?





・・・






んがが?







あ”あ”あ”~(@@;)

オレのデジカメが~!!



koro7.jpg

(さくら~ ふぶ~きの~ サライ~ の海へ~♪)





なんと、テトラの上を2度ほど「ころりんころりん」とバウンドして、テトラの間に消えてしまいました。




ぐげげ; せっかくの防水デジカメでも、テトラの間の奥深く、手の届かないトコに落ちられてはどうしようもない。




これでは、さすがのよゐこの濱口でも




「獲れんどー!!」




じゃないか。





しかしなあ、今年はちょっと芸風変えたかったんですけど、新年からこのザマということは、




海の神様 恵比寿様!




今年も、「芸風は変えるな♡」ということでしょうか?




さすがにこの私めも来年は「不惑」の40歳を迎えるにあたり、もうそろそろこういう芸風は卒業したいのでありますが、ダメなんでしょうか?




もうこういう系統のネタは、「ハラいっぱい」なんですが。


                koro8.gif

                 あきらめれ




というわけでデジカメを海に落としてしまったので、この日撮った写真はケータイで撮ったものです。



結局この日はその後も1匹も釣れず、完全ボーズでした。自慢じゃないけど、釣りでボーズだったのは最近は記憶がないぞ。



しかし、手ぶらで帰るのも悔しいので、腹いせにダメもとでテトラにいっぱいくっついてたカラス貝を獲って帰ることにしました。

koro9.jpg
       (うんじゃらげ~)




次回は、「東京湾のカラス貝を食べてみる」で、お送りしま~す♪




B型人間のひとりごと



恵比寿さんのイラストはこちらからお借りしました。



横浜の海で釣りと潮干狩り♪




ハンターマウンテン塩原

1/10は栃木のハンターマウンテン塩原というスキー場に、家族4人で日帰りで行ってきました。



私には困ったクセがありまして。



(ああ、明日はスキーに行ける・・・)



というような思いがひとたび頭の中にこびりつくと、大抵夜中に「パチッ!」と目が覚めて、眠れなくなってしまうのです。


日帰りなので、朝早く出発するため8時半頃寝たのですが、夜中の1時半頃「パチッ!」と目が覚めたら、案の定もう眠れなくなってしまいました。結局パソコンで作業をして時間をつぶし、朝5時に出発。しかし、体が持つのか?





東北道を快調に飛ばし、スキー場手前の有料道路もなんとか普通タイヤでチェーンなしで通れた。ほとんどの人はスタッドレスで来てるな。当たり前だけど。




やっとスキー場に着いた。栃木のスキー場に来るのは初めてだな。



ええと、レンタルスキーコーナーは・・・  ああ、ここだな・・・  って、、、






うぎゃ~(@@)!、 すんごい行列(マヂですか?)  まあ3連休中だから無理もない。



8:30からリフトが動くんで8時過ぎにはスキー場に着いたんだが、リフトに乗れたのはようやく9:30くらい。ママさんはスキーはせずに休憩所でお休み(ZZZ)。




いやしかし、すごい人だな。










不景気だとか、スキー人口が減ってるだとかいうのを全然感じさせない混雑ぶり。リフトも一番長いときで15分も待った。まあディズニーランドにくらべりゃあカワイイもんだが。



以下はスキー場のスナップ。


















午前中こそ曇って雪もちらついていたものの、昼頃から青空が見えてきた。やっぱりスキー場はこうでないと。





































長男は中級コースもなんとか滑れるようになったが娘はまだ初級コースでないと無理なので、私は思う存分楽しむには程遠かったけれども、まあ今シーズン最初の足慣らしということで仕方がない。



しかしなあ、ランチのときの行列がまた凄まじくて、昔懐かしいバブル真っ盛りの頃のスキー場を思い出してしまった。

あの頃は日本中のスキー場があんなだったんだからすごかったなぁ。あれはあれで賑やかで楽しかったけど、もうあの時代は100年は巡ってこないだろう。




夕方、スキーを終えて、調べておいた日帰り温泉へ向かう。途中、スキー場近くの「○○ホテル」「××旅館」などというところに泊まってしまいたい衝動に激しく駆られたが、日帰りですから!残念!!



んで、やってきました、塩原グリーンビレッジ






では早速風呂へ・・・



ああ~♨ やっぱこれだよ、これ♨



雪を眺めながらの野天風呂が、いい風情だねえ♨



これでこのままグースカ寝れるならいいんだけど、日帰りですから!残念!!


でも食事のあとに、家族がサービスで私の体をマッサージしてくれたのは嬉しかった。





それから、グースカピー(ZZZ)と寝た家族を乗っけて、一人で夜の東北道を運転して、帰ってきたら夜の11時前でした。朝の1時半に目覚めて、昼寝もせずに、よく頑張った。オレも結構タフじゃないか。




さて。



今回の旅のお土産は、こちら。







俗に、「レモン牛乳」と呼ばれているらしい飲み物。U字工事がテレビやメディアで宣伝して話題になったもののようだ。作っているのは栃木乳業。


高速のパーキングで買ったんだけど、レジで並んでるお客の誰も彼もがレモン牛乳持ってたのには笑った。


では飲んでみましょう。



ゴクゴク・・・



う~ん、



なるほど、パックの上部に「なつかしい味」と書かれている通り、こういう味のお菓子って昔食べた記憶があります。確かにレモンの味わいがするんだけど、「無果汁」と書いてあります。香料で風味付けしてるんでしょう。でもそういえば最近はこの風味のものって味わってなかったかも。




奇しくも、前回の日記のミルクヨーカンに続いて、2回連続で牛乳パックの話になってしまった。





そして気づいたのだが、新潟と栃木のコラボで



レモンミルクヨーカン



てのも、案外ウマイかもしれない。諏訪乳業さん、栃木乳業さん、どーですか?

見附名物:スワミルクヨーカン

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今年も心の中に湧き上がってくるよしなしごとを、そこはかとなく書いていきますヨーーー!!


正月は例年通り新潟の実家で過ごしてまいりました。年を追うごとに、正月の厳かさというか新鮮さが感じられなくなってくるのは、トシのせいでしょうか。


さて、昨秋にテレビの「秘密のケンミンSHOW」で、私の実家のある新潟県は見附市の、とある商品が取り上げられました。


それは、「スワミルクヨーカン」という、牛乳を使ったデザートです。諏訪乳業ってとこが作ってます。


でもなー、「見附の家の冷蔵庫には必ず入ってる」とか言ってたらしいけど、我が家の一族の人間は今まで一度も食べた者はいなかったし、そんなものがあったことすら知らなかったぞ。諏訪牛乳の牛乳は配達してもらってたのに、だ。


そこで、年末に実家に帰った折、近所のスーパーに行って買ってみることにしました。




                         (近所のスーパー:イメージ)



ええっと、ヨーグルトとかのコーナーにあるかな・・・



あ、ここだな。



ありゃりゃ?






な~んと、1組様1個限定。しかも売り切れ。周囲の商品はたっぷり残っているのに、ミルクヨーカンだけがなくなっている。


これはこのスーパーだけでなくて、ほかのところもほぼ同様の状態でした。


ううむ、入荷したそばから砂糖にアリが群がるようにしてなくなってしまうのだな。(こういうのを私の仕事の業界では「瞬間蒸発」と言う)


それでは、と気合を入れて、翌日は朝一でまたスーパーへ。


するとありました!






パック入りのものと、カップ入りのものがあるようです。







パック入りのものを器に盛ると、豆腐と見分けがつきません。








それでは一口味わってみましょう。






モグモグ・・・


う~~~ん、これはですね、たしかにミルクの味がします。


絞りたての牛乳のような、ふくよかというか、ふくらみのある、まろやかで優しいミルクの風味がします。甘さはほどほどで、しつこくありません。


口当たりは、ゼリーよりはかたいけど、寒天ほどかたくはない。まさしく、水ようかんみたいな感じ。これはウマイわ。




いや~、こんな食い物が故郷にあったとは灯台下暗し。これは自信をもって全国に、いや、



全世界にオススメしたい



逸品ですな。



ご興味の沸いた方は、こちらから購入できるみたいですのでドーゾ!


お買い物はアマゾン楽天

HP・ブログ更新情報

プロフィール

B・Y

Author:B・Y
HP:B型人間のアウトドアのブログです。越後新潟の、海と山が好きな野生人です。2014年4月に、15年ぶりに東京から新潟に戻ってきました。プロフィールはこちら

管理人メール

moeryouga@gmail.com

パソコン作業のお供に
JAZZRADIO.com

私の一番好きなコーヒー
グアテマラ

B型人間の本棚

B型人間の酒蔵

B型人間の食べてる
健康食品

安岡正篤 一日一言

パソコン作業のお供に
安住紳一郎の日曜天国♪

あの人もB型!

Bの不幸は蜜の味

柏崎の街中のカフェ
cafe confine

長岡のスタイリッシュカフェ: サニーフレンズカフェ

柏崎の海辺の民家カフェ  DONA

超人気!
八十里越体感バスツアー

「最近笑ってない」というそこのアナタ!この本を読んでみなさい!

ゴボウ茶で健康維持&
アンチエイジング

私的に東京で一番うまい物

B's Anthem 1

B's Anthem 2

larry1.jpg
 Room335

B's Anthem 4

B's Anthem 7

B's Anthem 8

検索フォーム

カウンター

ブログの最新記事

ブログの自動更新通知は「feedly」

follow us in feedly

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

B型人間の山歩き

B型人間的新潟の投げ釣り

超バーベキュー入門

オートキャンプ用品入門

登山靴・登山用品

管理人愛用の
アウトドアハット

管理人愛用の超オススメ☆
シリコン腕時計

日焼け防止にアームカバー

B型人間のスキー&スノボ

月別アーカイブ

楽天

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。